[速報]EMC、2016年はフラッシュストレージの価格下落がハードディスクを追い越す境目になると表明

2016年3月1日

フラッシュメモリを用いたフラッシュストレージは非常に高性能な一方で、容量あたりの価格が高いことが課題でした。

しかし高価なフラッシュメモリも、大量生産と製造プロセスの微細化などによる価格下落により、いつかはハードディスクドライブよりも安価になると考えられていました。問題はそれがいつになるか、でした。

ストレージ最大手のEMCは、それが今年、2016年であると表明しました。

fig

EMCで製品およびマーケティング担当プレジデントを務めるJeremy Burton氏は、日本時間3月1日早朝に行われたイベント「Quantum Leap」において「2016年はフラッシュドライブの価格下落が1万5000回転の高性能ハードディスクドライブの価格下落を追い越す境目の年になる」と発言しました。

fig

「いまやフラッシュドライブの方が1万5000回転のハードディスクドライブよりも安いのだ。

 そこでわれわれはここに、2016年はプライマリストレージにおけるオールフラッシュの年であると公式に宣言する」(Burton氏)

fig

つまり、トランザクショナルなワークロードにおいて、お客様はオールフラッシュストレージシステムを買うべき、もしくは買うことになる、ということだ」(Burton氏)

続いて同社はハイエンドストレージVMAXの新製品としてオールフラッシュVMAXを発表。

fig

最大容量は4ペタバイト。現時点で世界最大容量のオールフラッシュストレージだと説明しています。

fig

Quantum Leap 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本