「Docker for AWS」「Docker for Azure」相次いでパブリックベータに。クラウドでDockerを使うための環境を一括構築。AWS無料利用枠で利用可能

2016年12月13日

Dockerは、AWSやAzureでDockerを使うために必要なソフトウェアの導入や設定などの環境構築を一括で実行してくれる「Docker for AWS」や「Docker for Azure」を相次いでパブリックベータとして公開しました(Docker for AWSDocker for Azure)。

fig

Dockerはすでに、Windows環境にインストールするとDockerが使えるようになるソフトウェア「Docker for Windows」や、同様の機能を持つ「Docker for Mac」を提供しています。今回パブリックベータとして公開されたDocker fow AWS、Docker for Azureも同様のコンセプトのソフトウェアです。

例えばAWSでDockerをクラスタ運用する場合には、CloudFormationのテンプレートやファイアウォールのルール設定、ロードバランサーの設定など多くのツールを用いてさまざまな設定をしなければなりません。

Docker for AWSやDocker for Azureは、こうした設定をそれぞれの環境においてできるだけネイティブな方法により一括して自動的に行ってくれます。

また、Docker for AWSはAWSのクラウド無料利用枠で動作するとのこと。

Docker for AWS works fully within AWS free tier, giving you the ability to try it out at no cost (just create a 1-manager, 1-worker swarm). Installation takes a few minutes, and will give you a fully functioning swarm, ready to deploy and scale Dockerized apps.

Docker for AWSはすべてがAWSのクラウド無料利用枠で実行されるため、無料でその機能すべてを試すことができる( 1-manager、1-worker swarmを作成する)。インストレーションは数分で終わり、Swarmの全機能およびDocker化されたアプリケーションがインストール可能な環境が準備される。

Docker for AWSとDocker for Azureは、今年の6月に開催されたDockerCon 16で発表されたもの

fig

このとき、同社の創業者でCTOのSolomon Hykes氏はDocker for AWSについて「AWSにおけるもっともネイティブなDocker体験の実現だ」と説明しています。

あわせて読みたい

AWS Docker Microsoft Azure コンテナ型仮想化




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本