[速報]Amazonクラウド、OSやWebサーバを自動アップデートしてくれる「Managed Platform Updates for Elastic Beanstalk」発表。AWS Summit 2016 Chicago

2016年4月20日

Amazon Web Servicesは米シカゴでイベント「AWS Summit Chicago 2016」を開催。1日目の基調講演で、新しいマネージドサービスを発表しました。

同社プロダクト戦略 ゼネラルマネージャ Dr. Matt Wood氏。

fig

デベロッパーにとって、プラットフォームのアップデートを迅速でセキュアに実現し、Webアプリケーションのメンテナンスを容易にするにはどうすればいいだろうか?

そこで、Managed Platform Updates for Elastic Beanstalkを発表する。

fig

これは、OS、Webサーバ、コンテナなど、アプリケーションのプラットフォームとなるものすべてを自動的にアップデートするサービスだ。

fig

アップデートはメンテナンスウィンドウの設定などで利用者がコントロールできる。

アップデートの方法は、新しいプラットフォームが登場すると、自動的に既存のアプリケーションに対してBlue-Green Deploymentが行われ、新しいプラットフォームへ切り替えていく。

AWS Summit 2016 Chicago

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本