[速報]マイクロソフト、新ブラウザ「Microsoft Edge」のベンチマーク公開。Build 2015

2015年5月1日

マイクロソフトが米サンフランシスコで開催中のイベント「Build 2015」。2日目の基調講演で、Windows 10用に開発中の新ブラウザ「Microsoft Edge」のベンチマークを公開しました。

Microsoft EdgeはWeb標準に対して高いインターオペラビリティを実現。

fig

性能についても重視しており、JetStreamベンチマークではInternet Explorer 11より高速なだけでなく、ChromeやFirefoxよりも高速

fig

Octane 2.0ベンチマークでもInternet Explorer 11より2倍以上高速で、ChromeやFirefoxよりも速いと説明。

fig

また、マイクロソフトがasm.jsをサポートすることも表明されました(なぜかVorlonの発表と同時でした)。asm.jsとはJavaScriptをより高速に実行するためのサブセットで、asm.jsの記法に従ってJavaScriptを記述することで、高速に実行できるというもの。

fig

ただしasm.jsのサポートの具体的な内容、例えばMicrosoft EdgeあるいはInternet Explorerで対応予定といった詳細については説明されませんでした。

Build 2015

基調講演 Day1

基調講演 Day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本