新ストレージサービス「Amazon Elastic File System」(Amazon EFS)登場。NFSでマウント、ファイル容量にあわせて自動的にキャパシティが増減しプロビジョニング不要

2015年4月10日

Amazonクラウドは、新しいストレージサービス「Amazon Elastic File System」(Amazon EFS)のプレビュー公開を発表しました

Amazon EFS

Amazon EFSは、Amazon EC2からNFSv4でマウントして利用するストレージサービスです。あらかじめ容量を決めてプロビジョニングする必要がなく、保存するファイルの大きさに対して自動的にキャパシティが増減していくのが特長。

また、同時に数千もの同時接続にも対応するスケーラビリティを備えていると説明されています。

自動的にキャパシティが増減、保存データの冗長性も

Amazon EFSは通常のNFSサーバと同じように振る舞うため、既存のアプリケーションは何も書き換える必要なくそのまま利用可能。フルマネージドサービスのため運用の手間は必要なく、前述のように保存されたファイルの大きさに応じて自動的にキャパシティが増減するため、残り容量を気にしたり、無駄な空き容量を心配するといったこともありません。最大でペタバイトまで増加できるとのこと。

SSDをベースとして構築されているため高性能かつ、接続数が増えてもスケーラブルに性能が向上するようになっています。幅広い種類のワークロードに使えるとのこと。

Amazon EFSに保存されたデータは複数のアベイラビリティゾーンにまたがって保存されるため、データの安全性も確保されています。

Amazonクラウドには、オブジェクトストレージのAmazon S3、ブロックストレージのAmazon EBS、データアーカイブ用のAmazon Glacierなどのストレージサービスがあります。

ここに新たに加わったAmazon EFSは、より使いやすく柔軟で性能も確保できるストレージサービスといえ、しかもプロビジョニングも不要です。これでさらにクラウドのストレージサービスの導入ハードルが下がり、カジュアルな用途で使いやすくなるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド / ストレージ / IaaS



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本