Docker対応の「Amazon EC2 Container Service」正式公開。コンテナ群のロードバランス、スケールアウト、デプロイ機能なども強化

2015年4月14日

Amazonクラウドは、Dockerに対応した「Amazon EC2 Container Service」の正式公開と、コンテナをクラスタ化して管理できる機能強化、先週サンフランシスコで開催されたAWS Summit 2015 San Francisco 2015で発表しました。

fig

正式公開に合わせて新しい管理コンソールが追加され、APIの履歴を記録するCloudTrailにも対応。東京リージョンでも利用可能になっています。

コンテナの運用環境も強化

さらに、コンテナをクラスタ化した運用のための機能群も追加されました。

fig

アプリケーションの負荷に応じて稼働中のコンテナを増減する機能。分散して稼働するコンテナにトラフィックを振り分けるロードバランシング。コンテナの稼働状況を監視するヘルスモニタリング、アプリケーションを稼働させたままデプロイを行える機能などです。

これらの機能強化によって、コンテナによる本番環境の構築が実用的になるといえます。と同時に、AmazonクラウドはどうやらKubernetesなど既存のフレームワークを採用せずに、独自のコンテナ運用環境を提供していくことも明らかになったと言えそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本