Amazonクラウド、Memcached互換のキャッシュサービスを開始。1テラバイトのキャッシュも数分で利用開始

2011年8月24日

Amazonクラウドを運用するAmazon Web Servicesは、クラウド上でMemcachedプロトコル互換のキャッシュ機能を提供する「Amazon ElastiCache」を発表しました

【AWS発表】 Amazon ElastiCache – 分散型メモリキャッシュの新サービスを発表

クラウド上で大規模なオンラインサービスを提供する際にいちばんボトルネックとなりやすいのはデータベースに対するアクセスです。データベース自身をスケーラブルにすることは一般に難しいため、多くのアプリケーションではデータベースの前段にMemcachedによるメモリキャッシュを置いています。

大規模なオンラインサービスで知られるFacebookでは、メモリキャッシュ上に300テラバイト以上のデータを置いていると説明されています。

1テラバイトを数分で用意

これまでAmazonクラウドでメモリキャッシュを利用するには、Memcachedのようなメモリキャッシュのためのアプリケーションをインストールする必要がありました。AmazonクラウドのElastiCacheはそうした作業を不要にし、Amazonクラウドの設定でMemcachedプロトコル互換のメモリキャッシュ機能を利用することができます。

Amazonクラウドが公開しているデモンストレーションでは、1ノードあたり68ギガバイトメモリの16ノードで合計約1テラバイトのメモリキャッシュを数分で用意するようすを紹介しています。

fig

大規模なメモリキャッシュはクラウドアプリケーションにほぼ必須であり、しかも多数のマシンを利用者が自前で用意するのは大変であることを考えると、これをクラウドサービスとして提供する事は理にかなっているといえます。

さらに今後はオンプレミスとクラウドを連係させる際に、オンプレミスのデータベースのデータをクラウド側でキャッシュすることも頻繁に行われるはずです。キャッシュはオンプレミスとクラウドの連係のうえでも重要なコンポーネントとなっていくでしょう。

ElastiCacheは現在ベータとしてAmazonクラウド米国東リージョンのデータセンターで利用可能。数カ月以内に東京データセンターなどでも利用可能になる予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本