Kubernetes 1.10がリリース。コンテナストレージインターフェイスがβ版に、GPUなどをサポート可能にするデバイスプラグインも

2018年3月30日


コンテナオーケストレーションツールの事実上の標準となったKubernetesの開発チームは、「Kubernetes 1.10」のリリースを発表しました

Kubernetes 1.10

コンテナストレージインターフェイスが策定される意義とは?

前バージョンではアルファ版として公開されたContainer Storage Interface(CSI)は、今回のバージョンでベータ版となりました。

CSIは個々のコンテナではなくオーケストレーションツールであるKubernetesがストレージボリュームに対するインターフェイスを持ち、コンテナに対してストレージを提供する機能を実現するというものです。

これは個々のコンテナがストレージを管理すると、万が一そのコンテナが停止したときに別のコンテナにストレージをフェイルオーバーすることが難しくなるため、個々のコンテナではなくクラスタに対してストレージを提供するべきであり、そのためにはオーケストレーションツールであるKubernetesでストレージを管理した方がよい、という考え方によって開発されています。

そしてCSIはKubernetesだけでなく、Mesos、Docker、Cloud Foundryなど複数のコンテナ関連ツールのメンバーが協力して仕様を策定しているため、これらのツールでも共通したストレージAPI仕様になります(おそらく実装も近いものになるのではないでしょうか)。

この共通仕様の最大の利点は、ストレージベンダはCSIに対応したプラグインを開発すれば、それがKubernetesだけでなくほかのコンテナ関連ツールでもそのまま使えるところにあります。これにより、CSIに対応した多様なストレージボリュームプラグインが開発されることが期待できるでしょう。

CSIのAPI経由でできることは下記とされています。

ネットワークを経由しないローカルストレージをKubernetesのストレージとするDurable (non-shared) local storage management機能もβとなりました。

デバイスプラグインもベータ版に

Kubernetes 1.10では、Kubernetesのコアコードを変更することなくKubernetesで新しいデバイスをサポートするためのDevice Pluginもベータ版となりました。例えばKubernetesにGPUデバイスを対応させるような、新たなデバイスのサポートがプラグインで可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  Docker , Kubernetes , コンテナ型仮想化


次の記事
「TensorFlow.js」公開、Webブラウザ上で機械学習の開発、学習、実行が可能に。WebGL経由でGPUも活用

前の記事
[速報]複数の業務アプリケーションデータをマッシュアップするクラウドサービス「Salesforce Integration Cloud」発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig