Kotlin 1.2正式版リリース。KotlinはJavaとJavaScriptのマルチプラットフォーム対応に

2017年12月5日

Kotlin 1.2では、JavaVMとJavaScriptのマルチプラットフォーム対応を推し進め、プラットフォーム共通モジュールとプラットフォームに依存するモジュールを同一プロジェクト内で記述可能になった。


JetBrainsは「Kotlin 1.2」正式版のリリースを発表しました日本語訳)。

Kotlinはオープンソースで開発されているプログラミング言語です。JavaVM上で動作し、Java言語よりも簡潔で安全なコードを書けることなどを特長としています。

Kotlinは、今年5月に行われたGoogle I/O 2017でAndroidの正式な開発言語となることが発表され、これをきっかけにして急速に注目度が高まっています。

同一コードからバックエンド、フロントエンド、Androidアプリの生成が可能に

前バージョンのKotlin 1.1で、KotlinのコードからJavaScriptを生成できるようになりました。これによりKotlinはマルチプラットフォーム対応言語への一歩を踏み出していました。

今回のKotlin 1.2ではこのマルチプラットフォーム対応を推し進め、同一コードからバックエンド、フロントエンド、Androidアプリケーションを生成することができる機能が追加されました。

それが「Commonモジュール」「Platformモジュール」「Regularモジュール」です。

Kotlin 1.2

Commonモジュール内にはプラットフォーム共通のロジックを記述し、PlatformモジュールにはJavaもしくはJavaScriptのそれぞれのプラットフォームに依存するコードを記述します。Regularモジュールはいずれのコードでも記述できます。これらが同一プロジェクト内のコードとして記述可能になりました。

さらに現在、Kotlin/NativeとしてKotlinからWindowsやLinux、MacOS、iOS、Android、WebAssemplyといったプラットフォームをターゲットに、ネイティブコードを出力するプロジェクトが進行しています。マルチプラットフォーム対応としては、これらネイティブコードへの対応も今後予定されているとのことです。

ただし、今回実装されたマルチプラットフォーム対応はまだ実験的な段階とされています。

テストをいちど書けばJava/JavaScriptで実行できるライブラリなど

Kotlin 1.2にはさらに、テストを一度書けばJavaVMでもJavaScriptでも実行できるライブラリ「kotlin.test」、同一コードてバックエンドでもフロントエンドでもHTMLをレンダリングできるマルチプラットフォーム対応のレンダリング機能を提供する「kotlinx.html」、JSONまたはProtoBufをシリアライゼーションフォーマットに使うことでプラットフォーム間のKotlinオブジェクト受け渡しを簡単に実現する「kotlinx.serialization」などのライブラリも用意されています。

コンパイル速度もKotlin 1.1と比較してKotlin 1.2は25%向上し、今後のマイナーバージョンアップとなるKotlin 1.2.xではさらに向上する見込みがついているとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Kotlin


次の記事
インテルの元データセンター部門トップがGoogle CloudのCOOに就任、ダイアン・ブライアント氏

前の記事
x86マシンの奥深くにある脆弱性/郵便番号データの利用がなぜ難しいか/Visual Studioでペアプログラミング、ほか。2017年11月の人気記事


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig