ソラコム、IoTデバイスをリモートで再起動、ファーム更新、バッテリー残量確認など実現する「SORACOM Inventory」発表。「OMA Lightweight M2M」を実装

2017年7月5日

IoT向けの通信プラットフォームを提供するソラコムは、都内で開催中の同社のイベント「Discovery 2017」で、リモートでデバイス管理を実現する「SORACOM Inventry」を発表しました

fig

SORACOM Inventoryは、Open Mobile Allianceが標準化しているデバイス管理のためのプロトコル「OMA Lightweight M2M」を、同社のプラットフォーム上に実装したもの。

このプロトコルにのっとってリモートで泥バイスの状況、例えば現在位置やバッテリ残量、空きメモリ容量を参照することや、ファームウェアの更新、再起動などの操作が可能になります。

fig

これまでIoTデバイスの管理作業においては、ファーム更新のためにいちいちIoTデバイスにUSBメモリを差し込んでファームウェアの情報を読み込ませたり、デバイスの再起動を現場近くにいるお客様に依頼するなどの手間がかかるケースがよくありました。

SORACOM Inventryはそうした作業をリモートで簡単に実現するもの。SORACOM独自の特徴として、SORACOM SIMをデバイスごとの認証に用いることで、いちいちデバイスごとに認証ファイルなどを設定する必要がない点が挙げられます。

SIMが刺さっているIoTデバイス自体の管理およびその配下のデバイスも管理可能。

SORACOM Inventoryはリミテッドプレビューとして公開。デバイス側にOMA Lightweight M2Mのクライアント実装が必要となるため、C、Java、Androidでのサンプルコードおよびドキュメントが提供されます。

利用料金はアクティブなデバイスが3以下で合計イベント数(デバイスとのやりとりの回数)が15万回までは無料。100デバイスまでで500万イベントまでが月額5000円など。ただしリミテッドプレビューは無料。

fig

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IoT , SORACOM , システム運用



≫次の記事
ソラコム、コイン電池でも稼働するソニーが開発した低消費電力広域ネットワークの実証実験、およびスカパーJSATの衛星通信を用いたIoT広域通信の実証実験を実施
≪前の記事
GitLab、Slackライクなサービス「Gitter」をオープンソースで公開。MacOS対応。Windows版とLinux版も作業中

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig