[速報]GoogleとSAPがクラウドで協業。SAP Cloud PlatformをGoogle Cloud上で展開可能に

2017年3月9日

Googleは米サンフランシスコでイベント「Google Cloud Next'17」を開催。1日目の基調講演でクラウドにおけるSAPとの協業を発表。Google Cloud PlatformがSAP HANAに正式対応したほか、SAP Cloud PlatformをGoogle Cloud Platform上で展開可能にすることを明らかにしました。

figGoogle Diane Greene氏、SAP Head of Technology&Innovation Bernard Leukert氏

SAP HANAはSAPが開発したインメモリデータベースで、同社の業務アプリケーションの最新基盤となります。

さらにSAPはGoogleと協同で、同社のPaaS型クラウドサービスである「SAP Cloud Platform」(SAP HANA Cloud Platformから名称変更)をGoogle Cloud Platform上で展開可能にすることも発表しました。

SAP Cloud PlatformはオープンソースのPaaS基盤ソフトウェアである「Cloud Foundry」をベース構築されもの。これをGoogle Cloud Platformでも展開可能にするというのは、これまで物理層まで含めて業務アプリケーション向けとしての独自性をアピールしてきたSAPのクラウド戦略の転換を示すものといえそうです。

一方でGoogleにとってもSAPと協業し、SAP Cloud Platformのクラウド基盤としてGoogle Cloud Platformが認められたことは、Google Cloud Platformの堅牢生やセキュリティの高さをエンタープライズ市場向けにアピールできる重要な要素になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , SAP


次の記事
[速報]Google、動画になにが映っているかを自動的に判断する「Video Intelligence API」発表。Google Cloud Next'17

前の記事
GitLabが本番データベース喪失/オラクルがAWSとAzureで価格2倍に/地球規模の大規模分散環境で稼働するGoogle Cloud Spannerほか。2017年2月の人気記事


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig