Dockerが提供するオフィシャルイメージがマルチアーキテクチャ対応に。Windows、Linux、ARM、IBM Z対応

2017年9月25日

Docker社は、同社が提供しているオフィシャルイメージがマルチアーキテクチャ対応になったことを、同社のブログに掲載した記事「DOCKER OFFICIAL IMAGES ARE NOW MULTI-PLATFORM」で明らかにしました。

Linuxのコンテナ型仮想化機能として登場したDockerは、いまやLinuxだけでなく、Windowsに対応し、ARMに対応し、そして先月には新たにメインフレームのIBM Z対応を実現するなど対応を広げており、これらのOSやCPUアーキテクチャ上でDockerコンテナが利用可能になっています。

オフィシャルイメージがマルチアーキテクチャ対応になったことで、どのプラットフォームのDockerからDockerレジストリに対してオフィシャルなDockerイメージを取得しても、自動的にそのプラットフォームに対応したDockerイメージが取得できるようになります。

これによって得られる利点は、同じクラスタ内にWindowsやLinux、IBM Zが混在していたとしても、同じDockerファイルを使って同一名でそれぞれの環境ごとに適切なDockerイメージが自動的に取得できるという点にあります。環境ごとにDockerファイルを書き換える必要がないのです。

Dockerのオフィシャルイメージでは、次のものが提供されていると説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  Docker


次の記事
マイクロソフト、Azureで高可用性を実現する「アベイラビリティゾーン」機能を発表。AWSと同じ仕組み。Microsoft Ignite 2017

前の記事
「Java EE 8」正式リリース、Java 9と同時に。今後はEclipse FoundationがJava EEをリード


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig