[速報]MariaDBのマネージドサービス「Azure Database for MariaDB」発表。マイクロソフトはMariaDB Foundationのプラチナスポンサーに。Connect(); 2017

2017年11月16日

マイクロソフトは、MariaDBのマネージドサービス「Azure Database for MariaDB」を提供すると発表。同時にマイクロソフトがMariaDB Foundationのプラチナスポンサーとして加盟することも発表された。


マイクロソフトは開発者向けのオンラインイベント「Microsoft Connect(); 2017」を11月16日(現地時間)ニューヨークで開催しました。

Azure Database for MariaDB fig1 画像はストリーミング配信から

Microsoft Azure上でMariaDBのマネージドサービスを提供する「Azure Database for MariaDB」を発表しました。

Azure Database for MariaDB fig2

MariaDBは、MySQLから派生したオープンソースのリレーショナルデータベースです。MySQLとのバイナリレベルでの互換などを保ちつつ、よりよいデータベースを実現することを意図して開発されています。

もともとMySQLの創始者のひとりでもあるMichael "Monty" Widenius氏がMySQLのフォークとして最初のバージョンを2009年にリリースしました。2013年には「MariaDB Foundation」が設立され、現在では同団体がMariaDBの開発を主導しています。

100%のMariaDB互換でエコシステムを活用できる

マイクロソフトは2017年5月に開催されたイベント「Microsoft Build 2017」で、オープンソースデータベースであるMySQLとPostgreSQLのマネージドサービスを提供すると発表していました

Azure Database for MySQL, Azure Database for PostgreSQLMicrosoft Build 2017で、Azure Database for MySQLとAzure Database for PostgreSQLが発表された

「Azure Database for MariaDB」は、これらのマネージドデータベースサービスに新たに追加されるものです。

「MySQLやPostgreSQLのサービスがそうであるように、MariaDBも既存のドライバ、ライブラリ、ツールなどに対して100%の互換性を提供する。MariaDBの豊富なエコシステムをそのまま利用可能だ」(マイクロソフトのクラウド & エンタープライズグループ エグゼクティブバイスプレジデント スコット・ガスリー氏)

マイクロソフト、MariaDB Foundationのプラチナスポンサーに

「Azure Database for MariaDB」の発表に合わせて、マイクロソフトはMariaDB Foundationのプラチナスポンサーとして同団体に加盟することも発表しました。

MariaDB創始者であるMichael "Monty" Widenius氏はビデオメッセージで歓迎の意を示しました。

Azure Database for MariaDB fig3

「Azure Database for MariaDB」は現時点でプレビュー公開の申し込みを受付中です

Microsoft Connect(); 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  MariaDB , Microsoft , Microsoft Azure


次の記事
[速報]マイクロソフト、Apache Sparkベースの分析プラットフォーム「Azure Databricks」発表。Connect(); 2017

前の記事
日本郵便が公開する郵便番号データをそのまま利用するのがなぜ難しいか。そして、住所から郵便番号を求めるのがなぜ難しいか[PR]


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig