「Azure Container Registry」正式サービスに。マルチOS対応によりWindowsとLinuxのイメージを同一名で保存可能、取得OSに合わせて自動提供

2017年4月13日

マイクロソフトは、Microsoft Azureのサービス「Azure Container Registory」が正式サービスになったと発表しました

Azure Container Registoryは、Dockerイメージの保存や取得ができるレポジトリサービス。下記画面の中央に位置するのがContainer Registoryです。

fig

WindowsとLinuxのOSを意識する必要なし

Azure Container Registoryの特長の1つはマルチアーキテクチャイメージをサポートしている点にあります。

これにより、WindowsのDockerイメージとLinuxのDockerイメージの両方をサポートするだけでなく、OSが異なるそれぞれのイメージを同一名でレジストリに保持できます。

そしてイメージが取得される場合には、取得するOSに合わせて自動的に適切なイメージが選択され、提供されます。つまり保存するイメージのOSを利用者が気にする必要はなく、OSが異なる複数のDockerイメージを単一のイメージ名で管理できる仕組みを実現しています。

また、Azure Container Registoryは、Azureのほかのコンテナ関連サービスと連携可能。

Azure Container Registry integrates well with orchestrators hosted in Azure Container Service, including Docker Swarm, Kubernetes and DC/OS as well as other Azure Services including Service Fabric and Azure App Services.

Azure Container RegistoryはAzure Container Serviceのオーケストレータ、例えばDocker SwarmやKubernetes、DC/OSなどと統合されており、またService FabricやAzure App Serviceといったほかのサービスとも同様に統合されている。
(「Azure Container Registry now generally available」から)

リポジトリのネストによって階層構造を持たせることができます。正式サービスになったことで、西日本リージョン、東日本リージョンでも利用可能になりました。

fig

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , Microsoft , Windows Azure , クラウド , コンテナ型仮想化



≫次の記事
VMware、性能を最大50%向上させた仮想化ストレージ基盤ソフトウェア「vSAN 6.6」発表。暗号化、サイト間ミラーリング、3D XPointなどに対応
≪前の記事
TypeScriptが標準言語になっても、Dartのことは忘れてませんよとGoogle担当者がフォロー

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus