Angular 5.0リリース。インクリメンタルコンパイルサポートで、ビルド時間が最大95%削減と高速化

2017年11月6日

Angular 5.0がリリースされた。Angularは6カ月ごとのタイムベースでリリースされている。Angular 5.0の主な新機能の1つがインクリメンタルコンパイルのサポートで、ビルド時間が大幅に短縮される。


JavaScriptフレームワーク「Angular」の最新版「Angular 5.0」、コード名「pentagonal-donut」(五角形ドーナッツ)が正式にリリースされました(Angular Japan User Groupによる公式ブログの日本語訳)。

「Angular 5」は、今年3月に登場した「Angular 4」からのメジャーバージョンアップです。

Angularは、このAngular 4から6カ月ごとにメジャーバージョンアップが行われるタイムベースのリリースサイクルになりました。Angular 5はもともと2017年9月にリリースされる予定でしたが、少し遅れて11月1日付けでリリースされました。

インクリメンタルコンパイルのサポートで、ビルド時間が40秒から2秒に

2017年4月に行われたAngularのイベント「ng-conf 2017」では、Angular 5のテーマはシンプル化、スピードとサイズ、スムーズなアップデートだと説明されています

Angular 5 Themes

Angular 5ではAngularコンパイラが改善され、インクリメンタルコンパイルをサポートするようになりました。

これにより、インクリメンタルなAOTビルド(Ahead of Timeビルド:事前ビルド)を実行すると、新しいコンパイラパイプラインによってビルド時間の95%が削減されると説明されています。時間にして、開発マシンで40秒以上かかっていたビルドが2秒未満に削減されたとのことです。

Angular CLIではビルドオプティマイザが適用

Angular CLIによるビルドでは、デフォルトでビルドオプティマイザが適用されるようになりました。ビルドオプティマイザはビルド対象のアプリケーションのセマンティックを理解し、生成されるバンドルをより小さいものにしてくれます。

これは、おもにアプリケーションで不要な部分の削除と、アプリケーションのランタイムコードからAngularデコレータを削除することの2つによって行われるとのこと。

そのほか、サーバー側とクライアント側で、アプリケーションの状態をより簡単に共有できるようにするAngular Universal State Transfer APIのサポート、Decoratorサポートの改善、Number/Date/Currency/パイプの国際化など、Angular 5.0では多くの機能追加、改善が行われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Web技術 / JavaScript
タグ  Angular , JavaScript


次の記事
MS、Google、Firefoxなどのドキュメントが一本化/Bash on Windowsという名称は非推奨に/DockerがKubernetesと統合、ほか。2017年10月の人気記事

前の記事
Slack、11月1日に発生した大規模障害の原因は、定期デプロイによるソフトウェア障害が原因


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig