オープンソースの「Visual Studio Code 1.3」登場。エディタがタブ操作可能に、エディタ機能をモジュール化しブラウザで立ち上がる「Monaco Editor」公開

2016年7月11日

マイクロソフトはオープンソースで開発している「Visual Studio Code」の最新版となる「Visaul Studio Code 1.3」をリリースしました

fig

Visual Studio Code 1.3ではエディタでタブ操作が可能になり、拡張機能をインストールし管理するための画面を追加するなどのほか、多くの新機能が追加されています。

エディタ部のタブ操作では、複数のファイルを開いたときにタブで任意のファイルを選択できるようになり、利便性が高まりました。

拡張機能を管理するためのユーザーインターフェイスが新たに追加され、現在インストールされている拡張機能の一覧や、新規インストールする拡張機能の検索などを行うことができるようになりました。

fig

デベロッパーにとってインパクトが大きいと思われるのが、Visual Studio Code 1.3のエディタ機能が「Monaco Editor」として独立したモジュールになったことです。

Monaco EditorはNode.jsのモジュールとしてインストールできるnpmで配布が始まりました

サンプルとして用意された「Playground」の画面にWebブラウザでアクセスすると、その場でWebブラウザ内にMonaco Editorが立ち上がることを確認できます。

fig

これを利用することで、Node.jsをバックエンドにWebブラウザでエディタ機能を簡単に実現できるようになります。MITライセンスで配布されているため、さまざまなWebアプリケーションで応用できるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Microsoft , Visual Studio



≫次の記事
さくらのクラウド、ストレージの自動バックアップ機能を提供開始。世代管理も可能
≪前の記事
Kubernetes 1.3が登場。マルチクラウド対応、データベースのようなステートフルアプリも管理可能、ローカルテスト用にミニ版も登場

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig