データ分析ツールのTableau Software、インメモリデータベース「HyPer」を買収。製品に統合へ

2016年3月15日

データ分析ツールのTableau Softwareはドイツの「Hyper」を買収したと発表しました

HyPerはメインメモリでデータを高速に処理する、いわゆるインメモリデータベースです。同一データベースでOLTPとOLAPのいずれの処理にも対応します。

fig

HyPerでは、OLAPのクエリに対しては、データのバージョニング機能が働いて自動的にOLTP処理と分離されるため、OLTP処理の速度低下を引き起こすロックが発生しないとのこと。データをOLTPで処理しつつ、並列して高速にデータをOLAPでも分析する能力を備えているのが大きな特長です。

Tableauは今後、HyPerを自社製品に統合していくことを明らかにしています。そして、この統合により、次のような新機能が実現すると説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : BI , リレーショナルデータベース



≫次の記事
VMwareとEMCが共同開発したアプライアンス「VCE VxRail Appliance」、国内での提供を開始
≪前の記事
マイクロソフト、国内でもOracleからSQL Serverへの移行で無償ライセンス提供のプログラムを開始

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus