Kubernetesと統合可能なMicroservices用モニタリングシステム「Prometheus」、Cloud Native Computing Foundationが開発へ

2016年5月16日

Kubernetesの開発を主導する団体「Cloud Native Computing Foundation」が、Kubernetesに続く2番目の開発プロジェクト「Prometheus」を発表しました

Cloud Native Computing Foundation Accepts Prometheus as Second Hosted Project | Cloud Native Computing Foundation

Prometheusは、コンテナで構成されたMicroservicesオリエンテッドなシステムのモニタリングシステムとしてオープンソースで開発されます。

Cloud Native Computing FoundationのChris Aniszczyk氏は「Prometheusを私たちのポートフォリオに加えることは、Cloud Native Computing Foundationにとって大きな前進となる」とコメントしています。

Prometheusは、DNSやKubernetes、Consulなどからノードやコンテナの情報を取得し、ダイナミックにスケジューリングされるシステムのサービスディス化バリヤモニタリングを実現するソフトウェア。

アーキテクチャの図によると、それぞれのノードやコンテナの状態をメトリクスとして取得し画面に表示したりアラートを発することが示されています。

fig

KubernetesはPrometheusをネイティブにサポートする予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Kubernetes , Microservices , クラウド



≫次の記事
Oracle DatabaseからSAP HANAやEnterpriseDB、Teradataへほぼリアルタイムにレプリケーション、移行可能にするツール新版「SharePlex」、Dellがリリース
≪前の記事
エンジニアを成長させるためのマネジメントと組織づくりとは~アドテクを中心とする組織の取り組みの例。Developers Summit 2016

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus