Oracle、クラウドへのデプロイをSaaSとして提供する「Ravello Systems」買収を発表。オンプレミスからクラウドへの移行促進ツールを取り込む

2016年2月24日

米オラクルはRavello Systemsの買収を発表しました

Ravello Systemsは、クラウドへのシステムのデプロイを自動化するクラウドサービスを提供していた新興企業。

同社のサービスは、オンプレミスで利用していた仮想マシンのイメージや仮想アプライアンスのイメージをクラウドへアップロードし、画面上でネットワークを含むシステム構成を行うことで、その構成をどのクラウドへもボタン1つでデプロイできる、というもの。

fig

買収によってRavello Systemsのチームはオラクルに合流し、同社のサービスはOracle Cloudのサービスの一部となると説明されています。

オラクルはこのサービスによってオンプレミスで稼働している顧客のシステムを、同社のクラウドサービスへの移行促進に使うものと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Oracle , SaaS



≫次の記事
Docker、「Docker Datacenter」発表。Dockerエンジン、Docker Hub、Swarm、Control Planeなどの統合スイート
≪前の記事
IBMもAWS Lambda対抗のサーバレスアーキテクチャ提供へ。イベントドリブンでNode.jsとSwiftに対応した「OpenWhisk」をBluemixで提供。コードはオープンソースに

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig