OpenStack 14番目の「OpenStack Newton」がリリース。ベアメタル、仮想マシン、コンテナがよりシームレスに統合管理

2016年10月7日

オープンソースで開発されているクラウド基盤ソフト「OpenStack」の14番目となるメジャーバージョン「OpenStack Newton」のリリースが発表されました

OpenStackはリリースごとにアルファベット順の名前が付くことになっており、これまでの最新バージョンはMで始まる「OpenStack Mitaka(三鷹)」でした。

fig

OpenStackはさまざまなコンポーネントから構成されるソフトウェアです。仮想マシンを実現する「Nova」、オブジェクトストレージを実現する「Swift」、ブロックストレージの「Cinder」、ネットワーク管理の「Neutron」などがコアなコンポーネントとして知られており、さらにデータベースサービスの「Trove」、ダッシュボードの「Horizon」など、新たなコンポーネントが追加されていくことで機能が拡大していきます。

また、それぞれのコンポーネントも当然のことながら機能拡大や性能向上が進んでいきます。

OpenStack Newtonの主な新機能としては、ベアメタルをプロビジョニング可能にする「Ironic」、コンテナオーケストレーションの「Magnum」、コンテナネットワーキングの「Kuryr」が強化され、物理サーバ、仮想マシン、コンテナを1つのコントロールプレーンの下でシームレスに統合管理可能に。また、Ironicではマルチテナント機能も強化されました。

OpenStack Newtonは6カ月ごとに新リリースが登場しています。次は来年2017年4月にOで始まる「OpenStack Ocata」がリリース予定です。Ocataとは、スペインのバルセロナから電車で北へ20分ほどの場所にあるビーチの名前だそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IaaS , OpenStack


次の記事
ING銀行のデータセンター、消火ガスの噴射音で大量のサーバを破損/GitHub、かんばんライクな新機能/IBMがJavaVMをオープンソースか、ほか。2016年9月の人気記事

前の記事
Google対OracleのJava API訴訟。歴史的経緯とIT業界への影響を考える(その4)。JJUGナイトセミナー


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig