Kubernetesとは何かを分かりやすく紹介する「よい子のためのKubernetes絵本」動画が公開

2016年6月15日

Dockerコンテナの普及とともに、コンテナをクラスタ化した際の運用管理ツールの重要性も高まってきています。Kubernetesはそうした運用管理ツールの1つです。

しかしKubernetesの仕組みと機能はやや複雑です。そこで、分かりやすくKubernetesを紹介しようと、KubernetesをベースにしたPaaS基盤ソフトウェアを開発しているDeis,Incが公開した動画が「The Illustrated Children's Guide to Kubernetes」(よい子のためのKubernetes絵本)です。

もちろん題名はある種のジョークで、中身はきちんとKubernetesの説明になっています。そのさわりを少し紹介しましょう。

The Illustrated Children's Guide to Kubernetes

物語は、女の子がお父さんに「Kubernetesってなあに?」と尋ねたことから始まります。

fig

お父さんはこう答えました「Kuberenetsは、Dockerコンテナ群をオーケストレーションするためのオープンソースのシステムだよ。ノード群のスケジューリング、ワークロードの動的管理、ユーザーが定義した状態の共有と管理などをLabelやPodといった概念によって論理的なグループを構成することで、管理や発見を容易に実現しているんだ」

女の子はお父さんにこう言います。「え?」

そこで作られたのが「よい子のためのKubernetes絵本」です。

fig

主人公はキリンのPhippy。

fig

彼女は単体のPHPアプリでした。ある日、親切なクジラと海で会い、快適なコンテナをもらって収まります。

やがて彼女はキャプテンKubeeが率いる大型船に乗せてもらい、そのときに名札を受け取ります。

fig

こうして物語は進んでいくのですが技術解説ページも含まれていますので、きちんと理解したい人にもお勧めです。約8分程度なので、息抜きのときにでもぜひ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  Docker , Google , Kubernetes , 仮想化


次の記事
Chef、アプリケーションを実行環境ごとパッケージングする「Habitat」をオープンソースで公開。仮想マシンやベアメタル、Dockerなどのインフラに依存せず実行可能に

前の記事
Windows 10上のDockerコンテナでSQL Serverを動かせる「WinDocks Community Edition」が公開


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig