IIJが提供するPaaS「MOGOK」がサービス終了を発表、2017年1月31日まで

2016年7月1日

インターネットイニシアティブ(以下IIJ)は、Ruby on RailsやPHPなどによる開発と運用を可能にするPaaS型クラウドサービス「IIJ GIO MOGOKサービス」を、2017年1月31日で終了すると発表しました。6月30日をもって新規申し込みは終了しています。

fig

MOGOKは2013年12月に正式版としてサービスを開始、当初はRuby on Rails対応で、2014年12月にPHPやNode.jsなど対応言語の拡大を行っていました。

IIJのクラウド基板上に構築され、サポートもマニュアルもすべて日本語で提供される点が特徴で、個人向けにはオンラインサインアップで即時利用が可能、法人向けにも有償メニューが提供されていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IIJ , PaaS


次の記事
オラクルがHPEとの訴訟で敗訴、Itanium版Oracleの開発中止に対し約3000億円の賠償。控訴の見通し

前の記事
Dockerコンテナに対する脆弱性スキャン機能をRed Hatが提供。サードパーティ製品によるスキャンも可能


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig