IIJ、Ruby on RailsのPaaS「MOGOKサービス」を正式版に。個人向け1インスタンス無料は変わらず

2013年12月11日

クラウドサービスの「IIJ GIO」を提供するインターネットイニシアティブ(以下IIJ)は10日、これまでベータ版として提供していたRuby on Railsによる開発と運用を可能にするPaaS型クラウドサービス「IIJ GIO MOGOKサービス」を正式版にすると発表しました。

IIJ、「IIJ GIO MOGOKサービス」の正式サービスを提供開始 | 2013年 | IIJ

Ruby on Rails対応のPaaS型クラウドサービスは、HerokuやEngine Yardなど多数ありますが、MOGOKはIIJのクラウド基板上に構築され、サポートもマニュアルもすべて日本語で提供される点が特徴と説明されています。

個人向けにはオンラインサインアップで即時利用が可能。Webアプリケーション1インスタンスとDBインスタンス1つまで無料。データベースとしてMySQLが提供されます。

法人向けの有償メニューでは、Webインスタンスが月額2800円から。1GBメモリ、20GBハードディスクの専用DBサーバが月額1万6000円から。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IIJ , PaaS , Ruby



≫次の記事
オラクル、OpenStackをSolarisやOracle VM、クラウド、ストレージなどに統合へ。OpenStack Foundationのスポンサーに参加
≪前の記事
Chef開発元のOpscode、社名をChefに変更。「検索が難しくなる」とあちこちで悲鳴が

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig