Google、主要サービスのブランド名刷新。G Suite=旧Google Apps for Work/Google Cloud=Google Cloud Platform+G Suite+Chrome+Android+etc…

2016年9月30日

Googleは同社の主要なクラウドサービスのブランド名刷新を発表しました( Introducing Google CloudAll together now. Introducing G Suite.)。

G Suite - Google のクラウド型グループウェア

これまで「Google Apps for Work」として提供されてきた一連のサービスは「G Suite」ブランドになります。

G Suite is a set of intelligent apps—Gmail, Docs, Drive, Calendar, Hangouts, and more—designed to bring people together, with real-time collaboration built in from the start.

G Suiteは一連のインテリジェントなアプリ - Gmail、Docs、Drive、Calendar、Hangoutsなどなど、これらは最初から人々を協力させるように設計された、リアルタイムなコラボレーション機能です。
(「Official Google Cloud Blog: All together now. Introducing G Suite.」から)


Business Solutions for Enterprise - Google Cloud

そしてこのG Suiteと従来「Google Cloud Platform」と呼ばれていたクラウドサービス群などを包括的に示すブランドとして「Google Cloud」が使われることになりました。

Google Cloudには、従来のGoogle Cloud Platform、G Suite(旧Google Apps for Work)に加え、AndroidやChromebookも含んでおり、企業がクラウドをベースに業務を進めていくための包括的なサービスを示すブランドになっています。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google Cloud Platform


次の記事
想定の50倍ものトラフィックが発生したPokémon Go。基盤となったのはGoogle CloudのCloud DatastoreとGoogle Container Engine

前の記事
Windows仮想マシンをDockerファイルに変換する「Image2Docker」登場


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig