クラウド版eメール、Office 365とGoogle Appsが2強。大企業に強いマイクロソフト、中堅中小に強いGoogle。米ガートナー

2016年2月2日

米調査会社のガートナーは、クラウドeメール市場の調査結果を発表しました

Gartner Says Cloud Email Is Gaining Traction Among Enterprises Worldwide

調査結果によると、グローバルな公開企業のうち、8.5%がマイクロソフトのOffice 365を、4.7%がGoogleのGoogle Apps for Workを使っており、残りの87%は小さなベンダが提供するオンプレミスやハイブリッドクラウドでのメールサービスなどを利用しているとのこと。

また、Office 365とGoogle Appsを比べるとOffice 365が2倍近い市場シェアで、マイクロソフトが市場をリードする存在となっています。

ガートナーは、クラウドeメール市場は立ち上がったばかりではあるものの、あらゆる地域、企業規模、産業分野においてマイクロソフトとGoogleの2強が飛び抜けたシェアを獲得しているとしていますが、マイクロソフトは規制の強い産業である電力、ガス、水道や航空産業で強く、一方でGoogleは自由競争の側面が大きい産業であるソフトウェア、出版、小売り、広告、教育といった産業で比較的強いとのことです。

またクラウドeメールを使っている企業のうち、マイクロソフトは売り上げが100億ドルを超える大企業でのシェアが80%を超え、一方でGoogleは売り上げが5000万ドルを下回る中堅中小企業でのシェアが50%を超えて強いという特徴も見られるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : SaaS , クラウド



≫次の記事
米VMwareが約800人のリストラを発表、どの分野をリストラするかは明示せず。浮いたコストは成長分野へ再投資
≪前の記事
マイクロソフト、ネイティブUIをハイブリッドアプリケーションに組み込める「Project Ace」を公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus