Dockerコンテナに対する脆弱性スキャン機能をRed Hatが提供。サードパーティ製品によるスキャンも可能

2016年7月1日

Red Hatは、同社製品群のDockerコンテナ対応強化策の1つとして、コンテナに対する脆弱性のスキャンを可能にする機能を提供すると発表しました。

fig

スキャンはホストOSとなるAtomic Host上で実行。デフォルトでは、既知の脆弱性をチェックできるOpenSCAPが指定されています。パートナー製品からのスキャンも可能。

同社はこれによりコンテナにおいてもエンタープライズに対応したセキュリティ機能を提供できるようになったとしています。

コンテナに対して脆弱性をチェックするためのスキャン機能は、Dockerも「Docker Security Scanning」として5月に発表したばかりです。今後のサーバアプリケーションでは、コンテナごと脆弱性をチェックするのが一般的な方法になるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  Docker , PaaS , Red Hat , コンテナ


次の記事
IIJが提供するPaaS「MOGOK」がサービス終了を発表、2017年1月31日まで

前の記事
Red Hat、コンテナ化した分散ファイルシステムの「Gluster Storage」をリリース


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig