Docker、「Docker Datacenter」発表。Dockerエンジン、Docker Hub、Swarm、Control Planeなどの統合スイート

2016年2月24日

Dockerは、オンプレミスやプライベートクラウドでコンテナの運用管理を行うソフトウェアスイート「Docker Datacenter」を発表しました。

fig

Docker Datacenterは、Dockerエンジン、ローカルなDocker Hubとなる「Docker Trusted Registry」、コンテナのオーケストレーションを行う「Docker Swarm」、そしてコンテナのデプロイなどを行う管理ツールの「Docker Universal Control Plane」などのソフトウェアが統合されたものです。

これにより、コンテナの作成、保存、デプロイ、実行という一連のコンテナのライフサイクル全体を管理できます。Dockerはこうした仕組みを「Container-as-a-Service」と呼んでいます。

fig 中央の濃い青の領域がDocker Datacenter

これまでDockerの操作はコマンドラインで行うのが一般的でしたが、統合的なWeb UIが用意され、管理者や利用者はここからDockerを操作できるようになっています。

fig

クラウドサービスが「Docker Cloud」、オンプレミス用が「Docker Datacenter」

Dockerは、コンテナの作成、保存、デプロイ、実行までのライフサイクル全体を同社のツールでカバーする「Container-as-a-Service」の提供を、現在の戦略の柱としています。

デプロイ先のプラットフォームはAmazonクラウドでもGoogle Cloud Platformでもプライベートクラウドでもどこでもよく、それを管理するツール全体を同社で提供するのがこの戦略の最も重要なところです。

そして今回発表されたDocker Datacenterは、それを企業のファイアウォールの内側、すなわちオンプレミスやプライベートクラウドで実現するための統合製品です。

一方、Dockerは今月、「Docker Cloud」を発表しています。これはContainer-as-a-Serviceを同社のクラウドサービスであるDocker HubやTutumなどで提供するものです。

fig

同社はこれによってContainer-as-a-Serviceをオンプレミス、クラウドのどちらの環境でも提供できるラインナップを揃えたことになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , クラウド , コンテナ , 仮想化



≫次の記事
Ansible、シスコやArista、Juniperなどのネットワーク機器に対応。ネットワークも含めた構成自動化が可能に
≪前の記事
Oracle、クラウドへのデプロイをSaaSとして提供する「Ravello Systems」買収を発表。オンプレミスからクラウドへの移行促進ツールを取り込む

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus