テラスカイとアプレッソ、クラウド型データ統合サービス「DataSpider Cloud」を共同開発。グローバル展開を目指し、2017年1月から提供開始

2016年12月9日

クラウド専業のシステムインテグレータであるテラスカイと、データ統合ツールの「DataSpider」を提供するアプレッソは、データ統合を実現するクラウドサービスの「DataSpider Cloud」を共同開発し、2017年1月から提供を開始すると発表しました

fig iPaaSのiはIntegrationのi。データ統合を指すIntegrationのためのPaaSという意味

DataSpider Cloudは、アプレッソがパッケージソフトウェアとして提供しているDataSpiderをクラウド向けに開発を加え、クラウドサービスとしたもの。AWSやMicrosoft Azureのさまざまなストレージやデータベースサービス、Salesforce.com、Dynamics 365、Google Cloud、Kintoneなど、さまざまなクラウドサービスやオンプレミスのソフトウェアと接続し、データ転送や統合などが行えます。

DataSpider Cloudはクラウドサービスであるため、インストールなどの手間が不要で、すぐに利用可能。またノンプログラミングでデータソースを選択してつなぐことができるため、データ統合を容易に実現できます。クライアントはWindowsのWPFで開発されているためインストール不要で軽快に動作すると説明されています。

fig

グローバル展開を目指していきたい

DataSpiderがテラスカイとアプレッソの共同開発となったのは、そもそもテラスカイがアプレッソのDataSpiderのエンジン部分の提供を受け、SkyOnDemandと呼ばれるデータ統合サービスを提供していたため。

しかしパッケージソフトとして開発されているソフトウェアをクラウドサービスとして利用するには、機能を拡張するなどの点で困難が増してきたため、クラウドに最適化したものとして開発することが必要と判断したと、テラスカイ 代表取締役社長 佐藤氏。

そしてもう1つの理由は、調査会社であるガートナー社による評価だったとのこと。ガートナーによるデータ統合クラウドサービスの市場調査では、テラスカイがベンダリストに入ったもののその位置づけは下位の方だったと佐藤氏。

「国内でどんなに売ってもワールドワイドではこの程度しか評価されない。このままでは日本でガラパゴスの進化しかできないのではないかと考えた。この決断によって、(DataSpider Cloudは)グローバル展開、ここを目指していきたい」(佐藤氏)

海外展開については、まずはアプレッソの親会社であるセゾン情報システムズの海外拠点を通じて販売や24時間365日のサポートなどを提供するとしています。

価格は初期費用60万円、月額12万円から。

fig

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : PaaS , クラウド , テラスカイ



≫次の記事
Google、脆弱性検出のためのファジング(Fuzzing)を機械的に実行する「OSS-Fuzz」、ベータ公開
≪前の記事
Dockerが分散ストレージのInfinitを買収。Dockerに欠けていた最後のピースであるストレージが埋まった

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig