さくらインターネット、Windowsテクノロジーで構築された「さくらプライベートクラウド powered by Windows Azure Pack」の提供を開始

2015年9月3日

さくらインターネットは、マイクロソフトのWindowsテクノロジーで構築されたプライベートクラウドサービス「さくらプライベートクラウド powered by Windows Azure Pack」の提供を本日付けで開始したと発表しました

さくらインターネット、Microsoft Azure基盤を採用した「さくらプライベートクラウド」の提供を開始~Microsoft Azureやさくらのクラウドと組み合わせ、ハイブリッドクラウドの構築も可能に~

顧客はこの「さくらプライベートクラウド powered by Windows Azure Pack」を利用することで、Windows Serverなどで構築された自社システムからの移行、あるいは既存のWindows Serverなどとの接続や連係が容易になります。

またマイクロソフトのクラウドサービスであるMicrosoft Azureとの連係も容易でしょう。

Windows Azure Packを採用

「さくらプライベートクラウド powered by Windows Azure Pack」で採用された技術は、その名が示すとおりマイクロソフトが提供する「Windows Azure Pack」です。

Windows Azure Packは、Windows ServerやSystem Centerなどで構築されたシステムに対して、ユーザー自身がサーバリソースなどをプロビジョニングできるセルフサービスポータル機能や、システム全体をクラウドとして管理できる管理者ポータル機能などを追加するソフトウェア。

マイクロソフトは、Azure Packを利用することで同社の提供するMicrosoft Azureと「一貫したシステム体験を実現する」と説明しています。つまりMicrosoft Azureとの完全な互換性があるわけではないが(例えばSQLデータベースサービスやオブジェクトストレージといったクラウド的な特長を提供するサービスなどはない)、Hyper-Vによる仮想マシンの提供などの基本機能には高い互換性を有する、と言えるでしょう。

ただしマイクロソフトは5月に、「Azure Stack」と呼ばれる、Microsoft Azureと一貫した体験を構築できるソフトウェアを発表しています。Azure Stackは今年の夏にプレビュー版が提供されるというスケジュールだったため、今回のサービスには採用されなかったとみられます。

さくらインターネットは、この「さくらプライベートクラウド powered by Windows Azure Pack」の提供によって、競合のクラウドサービスでは比較的手薄と見られるWindowsテクノロジーによる企業向けのクラウドサービスに参入し、企業向けのクラウドビジネスを成長させていこうという意図があるものと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Microsoft Azure , Windows , さくらインターネット


次の記事
アップルとシスコが提携。iPhoneに最適化されたネットワーク、より優れたボイス通信、ビデオ通信などの実現へ

前の記事
SAP、Apache Spark上の新クエリエンジン「SAP HANA Vora」発表。大量のIoTデータもOLAPのようにドリルダウン可能


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig