Lenovo、ハイパーコンバージドインフラへ参入、「Converged HX Series」を公開。Nutanixのソフトウェアを搭載

2015年12月10日

Lenovoは、同社初のハイパーコンバージドインフラストラクチャ製品となる「Converged HX Series」を発表しました

fig

ハイパーコンバージドインフラとは、仮想化システムを簡単に構築するためにあらかじめ仮想化ソフトウェアとサーバ、ストレージが一体として提供されるアプライアンス製品のこと。ハイパーコンバージドインフラは、クラスタにサーバを追加することでクラスタとしての処理能力やストレージ容量をスケールアウト可能なのが特長です。

LenovoのConverged HX Seriesには、ハイパーコンバージドインフラストラクチャの専業ベンダであるNutanixのソフトウェアを採用しています。両社は先月、この分野での提携を発表しており、提携に基づく初の製品発表となりました。

今回発表されたのは、以下の3機種。

Lenovo Converged HX3500
比較的小規模な仮想ワークロード向け。デスクトップ仮想化やメール、ファイル&プリントサーバ、Webサーバなどを想定。

Lenovo Converged HX5500
比較的大きなワークロード向け。Hadoop、ファイルサーバ、クラスタ環境のバックアップ、Splunk、リモートオフィス環境/支店機能の障害対策の一元化などを想定。

Lenovo Converged HX7500
大量のデータ入出力を伴うワークロード向け。SQL ServerやExchange Server、SharePoint Server、Oraacle RACなどを想定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : サーバ , 仮想化



≫次の記事
Amazonクラウドの最新価格表をJSONやCSVで取得できる「AWS Price List API」がリリース
≪前の記事
ひとつのPaaSでWindows ServerとLinuxの共存を可能にした「Cloud Foundry 1.6」。主要開発メンバーが新機能とロードマップを語る

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus