HP、LinuxベースのネットワークスイッチOS「OpenSwitch」をオープンソースで公開。インテル、ブロードコム、VMware、アリスタなどと協力

2015年10月13日

米ヒューレット・パッカードはLinuxベースのネットワークスイッチ用OS「OpenSwitch」を公開、同時にOpenSwitchコミュニティをインテル、ブロードコム、VMware、アリスタネットワークスなどとともに立ち上げました。

fig

これまで、スイッチなどのネットワーク機器は、ネットワークベンダが独自のハードウェアと専用のOSを開発し、ユーザーに提供されるものでした。

これは例えばサーバやPCのように、業界標準の仕様に合わせてベンダが自由にハードウェアやOS、アプリケーションを開発し、それらを利用者が自由に組み合わせることができることと比べると、クローズな状況に見られていました。

ここ数年、FacebookのOpen Compute Projectなど、ネットワーク機器でもハードウェアとソフトウェアを自由に開発できる環境を作り上げようという動きが目立っています。いわゆるホワイトボックススイッチとオープンなネットワークOSの登場です。

関連記事:ホワイトボックススイッチとは何か? オープン化がすすむネットワーク機器のハードとソフトの動向(前編)。ホワイトボックススイッチユーザ会 第一回勉強会

この動向を主導しているのは、おもに自分たちのデータセンターに合った低コストで柔軟なネットワーク機器を求めるFacebookやGoogle、マイクロソフトといったハイパースケールのデータセンターを運営する企業、そしてネットワーク機器市場のルールを変えることで、シスコなど現在大きなシェアを持つ企業との関係をひっくり返したいと考えているネットワーク機器ベンダ、それらにチップを販売するチップベンダなどです。

今回発表されたOpenSwitchも、そうした動きの一環だと言えるでしょう。

L2とL3の機能を装備

OpenSwitchは、Open Compute Projectが主導して開発しているネットワーク機器へのOSのインストール環境であるONIE(Open network Install Environment)に対応したホワイトボックススイッチに対応。ハードウェア互換性リストには、現在ヒューレット・パッカードの4機種が記載されています。

機能としては、VLAN、ECMP、スタティックルールティング、BGP、DHCP/TFTPサーバなど、L2、L3のコントロールスタックの機能を備えており、REST APIから操作することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Software-Defined Network , ネットワーク , ホワイトボックススイッチ



≫次の記事
OpenStackのマネージドサービスを提供するBlue Box、「Private Cloud as a Service」の背景を聞く
≪前の記事
[速報] デルがEMC買収を正式に発表(更新完了)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus