[速報]「Greenplum Database」がオープンソースに。DWH向けMPPデータベース。Pivotalが発表

2015年2月18日

Pivotalは2月17日(日本時間2月18日午前4時)にオンラインイベントを開催。同社が提供するビッグデータ関連の3つのソフトウェア「GemFire」「HAWQ」「Greenplum Database」をオープンソースにすると発表しました

fig

GemFireはインメモリデータベース、HAWQはHadoop上でSQLのクエリを実行できるソフトウェア。

もっとも注目されるのがGreenplum Databaseです。これはもともとEMCが買収したデータウェアハウス向けのデータベースで、その後VMwareからスピンアウトしたPivotalのラインナップに移管されました。

Greenplum Databaseは多数のマシンに分散させたデータをシェアドナッシングのアーキテクチャにより大規模並列分散処理することで、ペタバイトクラスにまでスケールアウト可能な高性能データベースとされています。

Pivotalはこれらを含み、オープンソースベースとなるビッグデータ関連のソフトウェアを「Pivotal Big Data Suite」としてまとめることも発表しました。

fig

Pivotal Big Data Suiteは、Hadoopの商用ディストリビューションであるPivotal HDを核に、リアルタイム処理エンジンのSparkなどを含み、Greenplum Database、HAWQ、GemFire、そしてPaaS型クラウドを構築するCloud Foundryなどを統合したもの。

発表の最後に登場した同社CEO ポール・マリッツ氏は、「オープンソースが重要なのはフリーだからではなく、その属性のためだ。それは誰でもアクセスでき、それを基に自己組織化されたエコシステムが構築できるからだ」と語りました。

fig

これで同社はCloud FoundryやHadoopを始めとして、すべてオープンソースを基盤としたエコシステムや迅速な開発体制を差別化要因として勝負していくことになります。

関連記事:以下の発表も同時に行われました

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Cloud Foundry , PaaS , Pivotal , オープンソース , クラウド



≫次の記事
[速報]Hadoopエコシステムの標準化を目指す「Open Data Platform Initiative」設立。Hortonworks、Pivotal、IBMなど
≪前の記事
Amazonクラウドの支払いで日本円が選択可能に。VISAもしくはMasterCardで

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus