Google Container Engineが正式版として公開。Dockerコンテナ群をKubernetesで管理するサービス

2015年8月27日

Googleは、同社のクラウド上でDockerコンテナ群の実行と運用管理を実現する「Google Container Engine」を正式サービスとすることを発表しました

Google Cloud Platform Blog: Google Container Engine is Generally Available

Google Container Engine(略称はGKE。Google Compute Engineの略称がGCEのため)は、Dockerコンテナの実行エンジンをクラウド上で提供するサービス。Dockerコンテナによってわずか数秒単位で迅速にコンテナをデプロイでき、多数のコンテナへとスケーラブルに成長させていくことが可能。

コンテナの管理には同社が開発しオープンソース化したKurbernetesを利用。Dockerイメージの複数ノードへの展開、クラスタとして複数ノードの起動や状態の監視、クラスタに対するリクエストのルーティングなどはKubernetesの機能を利用できます。

Googleは、同社のクラウドサービスが全てコンテナの上で稼働しており、毎週20億ものコンテナを起動していることを明らかにしています。Google Container Engineは、同社がそこから学んだものをベースに構築したものだとして、コンテナ運用の実績をアピールしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google Container Engine , IaaS



≫次の記事
「Amazon AuroraはDBMS市場を破壊する存在」とガートナーが分析
≪前の記事
Extensible Web、WebAssembly、ORTCなど、なぜいまWeb標準は低レイヤへ向かうのか

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig