「Google Compute Engine Autoscaler」が正式版に。1000ノードへのスケールが5分以下で実現する高速なオートスケーラー

2015年9月9日

Googleは、Google Compute Engineで負荷に応じてインスタンス数を増減させるオートスケーラ―「Google Compute Engine Autoscaler」を正式版として公開したと発表しました

Autoscalerは、2014年11月に発表された機能。これまでベータ版として提供されていました。

最大の特徴は、すでにGoogleのサービスで使われて実績のあるオートスケーラーと同じものをユーザーが利用できるという点で、高いスケーラビリティを備え、ずか数分で千インスタンスを起動するといった、迅速な伸長、縮退が特長。

fig2011年に発表されたときの資料から

そのため、短時間で急速に負荷が上昇するスパイクのようなことが起きても、ウォームアップ不要で即座にクラスタを拡張し対応する能力を備えています。

fig

負荷の計測はCPUの利用率、HTTPロードバランサーの利用率、クラウドのモニタリング値などを利用することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google Compute Engine , IaaS



≫次の記事
連続稼働保証はないけど最大70%安くなる仮想マシン「プリエンプティブルVM」が正式サービスに、Google Compute Engine
≪前の記事
グローバルなデータセンター事業者のエクイニクスが、ビットアイルを株式公開買い付けで買収と発表

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig