クラウド市場は大手による寡占化が進む。上位4社の合計シェアが過半数。中小ベンダはニッチを狙うべきと。シナジーリサーチグループ

2015年7月31日

クラウドのインフラ市場において、Amazonクラウドやマイクロソフトといった大手クラウドベンダによる市場の寡占化が進んでいます。つまり大手クラウド企業が成長する陰で、それ以外のクラウドベンダの存在感が少しずつ消えかけているのです。

米調査会社のシナジーリサーチグループは、2015年第2四半期におけるクラウドインフラストラクチャ(IaaS、PaaS、ハイブリッドクラウド)における市場シェアの調査結果を発表しました

それによると、同社が「ビッグフォー」と呼ぶ、Amazonクラウド、マイクロソフト、IBM、Googleのトップ4社を合計したシェアは年々高まりを見せ、今回はじめて、市場全体の50%を超えたことが明らかになりました。

fig 内容説明

4社の年成長率の平均は84%なのに対しそれ以外のベンダの成長率は33%に過ぎず、このビッグフォーによる市場の寡占化はさらにすすんでいくことになりそうです。

シナジーリサーチグループのチーフアナリスト John Dinsdale氏は、この傾向は変わらないため、中堅中小のクラウドプロバイダはニッチな領域で生きる道を探すべきだと指摘しています。

This is not going to change. The good news for the plethora of small-to-medium-sized cloud providers is that there does remain a wealth of opportunity for those that are focused on specific market niches or local geographic areas.

これは変わらないだろう。小規模から中堅のクラウドプロバイダに良い知らせがあるとすれば、それは特定のマーケットや地域におけるニッチ領域にフォーカスすることで、まだ健全な市場が得られるだろう、ということだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : クラウド , 調査結果



≫次の記事
オラクル、SolarisにDockerを統合すると発表。WebLogicもDocker対応へ
≪前の記事
AWS Device Farm、iOSデバイスの自動テスト環境を8月4日から提供開始

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus