VMware、共有ストレージアレイを不要にする「Virtual SAN」を正式リリース。独自クラウドからの仮想デスクトップサービス(DaaS)も開始

2014年3月13日

米VMwareは、ソフトウェアによってサーバの内蔵ディスクをネットワーク越しに束ね、仮想的な共有ストレージアレイを実現する「VMware Virtual SAN(VSAN)」の正式リリースと、同社が提供するパブリッククラウドサービス「vCloud Hybrid Service」上でデスクトップ仮想化サービス(Desktop as a Service)「VMware Horison DaaS」の提供開始を発表しました。

サーバ内蔵ディスクを束ねて仮想共有ストレージアレイに

これまでライブマイグレーションなど仮想化ハイパーバイザのさまざまな機能を実現する上で、共有ストレージアレイが必要とされてきました。

今回正式版となったVSANは、各サーバに内蔵されているストレージをネットワーク越しに束ねて仮想的な共有ストレージアレイを実現するソフトウェアです。仮想化ハイパーバイザの機能を実現するのに、物理的な共有ストレージアレイが不要となります。

これにより高価な共有ストレージアレイの代わりにサーバ内蔵の安価なSSDとHDDが活用できることや、よりきめこまかいサービスレベルの設定の実現、サーバのストレージを追加することで仮想化共有ストレージアレイを拡張できるスケールアウト型の拡張性といったメリットがあります。下記はVMwareの資料から。

fig

VSANでは分散したストレージを束ねた上で高速な仮想ストレージを実現するために、ハードウェアの条件として、各サーバにSASかSATAのSSDもしくはPCIeフラッシュストレージ、およびSASかSATAのHDD。そしてVSAN専用の1Gbイーサネットもしくは10Gbイーサネットを必要とします。

VSANの正式リリースによって本格的なストレージ仮想化の幕が開くのかどうか、注目されます。

クラウドで仮想デスクトップサービスを提供

VMwareは昨年5月にパブリッククラウドサービスの「vCloud Hybrid Service」を発表。8月から正式にサービスを開始しました

そのvCloud Hybrid Service上で、同社は仮想デスクトップサービス「VMware Horison DaaS」を発表しました

仮想デスクトップサービスは、昨年11月にAmazonクラウドが「Amazon WorkSpaces」 を発表して話題になりました。Horison DaaSは、オンプレミスで仮想デスクトップを実現するVMware Horison Viewと互換性を持つために管理ソフトウェアの連係などをメリットに、企業向けの仮想デスクトップサービスとして打ち出していくと思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : VMware , ストレージ , 仮想化



≫次の記事
Cacooで「AWSクラウドデザインパターン」のテンプレート無料公開、いちいち自分で描く手間が省ける
≪前の記事
Software-Defined Networkingで広域ネットワークを総合的に扱う基本技術を確立。NTT、NTTコム、富士通、日立、NECが共同で発表

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig