Salesforce.com用ビジュアル開発ツール「SkyVisualEditor」、Salesforce1対応でiOS/Androidアプリで稼働へ、テラスカイ

2014年6月5日

Salesfoce.comのカスタマイズやForce.comなどのクラウドアプリケーション開発では、一般的にSalesforce.comのクラウドで提供されている開発ツールを用いることになりますが、それをより簡単にするためビジュアルな開発ツールを提供しているのがテラスカイです。

同社の「SkyVisualEditor」は、マウスのドラッグ&ドロップなどを用いてSalesforce.comのクラウド上で実行できるアプリケーションを開発できます。「現場のセールスアシスタントでも画面が作れる、ExcelやNotesで実現していたようなエンドユーザーコンピューティングができるのではないかという意図でこの製品を作った」(テラスカイ 代表取締役社長 佐藤秀哉氏)。

fig SkyVisualEditorの開発画面。マウス操作中心でクラウドアプリケーションを開発可能。テラスカイの資料から引用

SkyVisualEditorはすでに損保ジャパンや日本郵便、キヤノンマーケティングジャパンなどでSalesforce.comのクラウドアプリケーション開発に活用されている実績があります。

モバイルアプリケーション用のUIにも対応

そのSkyVisualEditorがバージョンアップし、Saleseforce.comの新プラットフォーム「Salesforce1」に対応すると発表されました。

Salesforce1の特徴の1つがモバイル対応の強化です。これまでSalesforce.comのアプリケーションではPC、モバイルデバイスともWebブラウザからの利用が中心でしたが、Salesforce1では「Salesforce1」用のiOS/Androidのネイティブアプリケーションが用意され、そのモバイルアプリケーション内でユーザーやサードパーティが開発したアプリケーションも実行できます。

fig

これによってモバイルに特化したタッチ対応のユーザーインターフェイスなどを実現する機能がSalesforce.comのプラットフォーム側にも追加されています。

fig

SkyVisualEditorの新バージョン「SkyVisualEditor3.5」では、このモバイル対応したSalesforce1に対応、ユーザーインターフェイスなどの新機能を活用したSalesforce1対応モバイルアプリケーションを開発できるのが大きな特徴です。

Webブラウザの利用を想定してたためにマウスオーバーで表示されたツールチップやヘルプなどがタッチで表示できたり、別画面に遷移して表示されていた関連データをポップアップで表示するなどの機能のほか、画面の特定項目を動的に表示/非表示にする機能、画面上のビジュアルをスライドショーのように切り替えて表示できる機能、PDF画面内での手書きコンポーネント対応などの機能も追加されています。

また、Salesforce1のモバイルアプリケーションがオフライン対応する際には、SkyVisualEditorの方でも対応していく予定とのことです。

SkyVisualEditor3.5は7月13日リリース予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : PaaS , SaaS , 開発ツール



≫次の記事
エンタープライズ向けの継続的デリバリツール「CA LISA Release Automation」販売開始。仮想化、クラウド、ミドルウェア、ERPなど複雑な環境でのデプロイを容易に
≪前の記事
IBM、PaaS型クラウド「BlueMix」を6月末に正式公開へ。IBM Innovate 2014

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig