米デル、Oracle 12c用垂直統合システム、MySQL用アプライアンス、Cloudera用インメモリアプライアンスなど、データベース特化の垂直統合システムを相次いで発表

2014年6月25日

「デルはアプライアンス群への提供へと急速に移行しており、お客様は大規模なエンタープライズアプリケーションの管理や運用のシンプル化による価値を受けられるようになります」(6月24日付けプレスリリースから

米デルはフロリダでの同社のイベント「Dell User Forum」において、データベースに個別に特化した垂直統合システムやアプライアンスを相次いで発表。エンタープライズ市場においてはアプライアンス戦略に注力していくことを明らかにしました。

発表された主なシステムは以下の通り。

Dell Integrated System for Oracle 12c Database

フルラックに「Dell PowerEdge Servers」、Fusion-ioの高速なフラッシュストレージ「ioDrive2 Duo」、MellanoxのInfiniBandアダプタとスイッチなどを搭載。Oracle Database 12cを4つのOracle RACノードで稼働。

Dell In-Memory Appliances for Cloudera Enterprise

Cloudera Impala、Apache Solr、Apache Sparkといったリアルタイム分析のアプリケーションを処理するための大容量メモリに対応したモデル。

Dell Database Acceleration Appliance for Databases

Dell PowerEdge Servers、Dell Storage、Dell Networkingと、Fusion-ioの高速フラッシュストレージを統合し、MySQL、SQL Server、MongoDB、Sybaseといったデータベースに対応したモデルを提供するアプライアンス。

データベースソフトウェアを買う相手としてのデルになる

データベースやミドルウェアに最適化した垂直統合システムは、オラクルのExadataやExalogic、IBMのPureSystemsがよく知られていますが、多くのハードウェアベンダは、例えばマイクロソフトやSAP、オラクルなどと協業し、SQL Server用アプライアンスやSAP HANA用アプライアンス、Oracle Database用アプライアンスなどの垂直統合製品の提供をすでに行っています。

デルの今回の発表はそれをさらに推し進め、顧客はサーバやストレージを選ぶのではなく、利用したいデータベースと性能や規模を選べばよい、そうすればハードウェアは付いてきます、という状況を作り出そうとしています。

データベースを買をうとする顧客に対して、いくつかのデータベースベンダからソフトウェアを選択して次に適合するハードウェアを買うのではなく、データベースを買うのためにデルに来てください、デルが用意した幅広い選択肢から選んでください、というメッセージがこのラインナップに表れているように見えます。

オラクルやIBMのように自社でミドルウェアやアプリケーションを持ち最適な垂直統合を進めることを強みとするベンダに対して、デルは自社でそうしたソフトウェアを持たないことの強みを自覚した戦略と言えるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  Cloudera , Dell , Oracle , 垂直統合システム


次の記事
[速報]Google Appsで、Word/Excel/PowerPointファイルを変換せずそのまま編集、保存可能に。Google Driveは容量無制限へ。Google I/O 2014

前の記事
高価な共有ストレージアレイを不要にする「VMware Virtual SAN」導入済みサーバ、主要サーバベンダから登場


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig