OpenStack、9番目のリリース「Icehouse」公開。仮想マシンのローリングアップデート、DBaaS機能など新機能追加

2014年4月21日

オープンソースとして開発されているクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の9番目のリリース「Icehouse」(コード名)が公開されました

OpenStackは半年ごとに新バージョンをリリースする方針で、リリースごとにアルファベット順にコード名が付きます。半年前のリリースは「Havana」、1年前のリリースは「Grizzly」でした。そして次のリリースとなる今年の10月には「Juno」が予定されており、来月にはJunoの機能を決めるためのデザインサミットが行われます。

Icehouse最大の新機能は、このリリースからデータベースサービスを実現する「Trove」が正式コンポーネントとして追加されたことです。

TroveはOpenStack上でDatabase as a Serviceを実現するためのコンポーネントで、MySQL、Perconaといったリレーショナルデータベースはもちろん、MongoDB、Cassandra、Couchbase、RedisなどのNoSQLデータベースもサポートします。

これまでOpenStackはIaaS型のクラウド基盤を構築するソフトウェアを提供してきましたが、Troveが正式なコンポーネントとなったことで、より上位サービスをもカバーすることになりました。Icehouseは、その転換点となるリリースといえます。

主要なコンポーネントの新機能

主要なコンポーネントの新機能概要をプレスリリースからまとめました

コンピュートサービスのNovaでは、稼働中の複数のサーバに対して順次アップデートできるローリングアップデート機能を実装。ブロックストレージのCinderでは、階層化ストレージ環境でのマイグレーションが可能になり、ヘテロな環境でのパフォーマンス管理を実現。オブジェクトストレージのSwiftでは、API経由での問い合わせが迅速化、ネットワークサービスのNeutronではコンピュートサービスとの統合強化によってプロビジョニングの時間が短縮されたなど。

Icehouseはこのほか350もの新機能があり、2902のバグフィックスが行われ、53のサードパーティが継続的インテグレーション(CI)による互換性チェックなどを行っています。

コードのコントリビューションの上位5社はRed Hat、IBM、HP、Rackspace、Mirantisとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  OpenStack


次の記事
米サウスカロライナのGoogleデータセンター、爆弾の電話でスタッフが一時避難

前の記事
Dockerのための軽量OS「Red Hat Enterprise Linux Atomic Host」、Red Hatが発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig