MINIX 3.3がリリース。1万2700行ほどのマイクロカーネル、ARMサポートとクロスコンパイラなど対応

2014年9月17日

MINIXは名前から想像できるとおり、LinuxやBSDなどと並ぶUNIX系OSの1つで、もともとはオランダ・アムステルダム自由大学のアンドリュー・タネンバウム教授が学習用のOSとして開発したものです。名前の通りコンパクトな実装や、マイクロカーネルを採用した、いわゆる綺麗なアーキテクチャを備えていることも特長です。

Releases/3.3.0 - Minix Wiki

そのMINIXの最新バージョンとなるMINIX 3.3が公開されました

ARMプロセッサ対応、NetBSD互換性向上など

最新バージョンでもコンパクトな実装とマイクロカーネルアーキテクチャはそのままで、カーネルのコードや約1万2700行。カーネル以外のOSのコードは分離されたユーザーランドで実行されており、例えば実行中にドライバがクラッシュしたとしても自動的に再起動され、アプリケーションの動作には影響しないようになっています。

ユーザーランドはNetBSD互換で多くのNetBSDのパッケージがそのまま動くようになっており、MINIX 3.3ではソースレベルでの互換性をさらに改善。

ARMプロセッサのサポートを開始。ARMプロセッサ搭載のBeagleBoardシリーズで動作します。ビルドシステムではARMとX86のクロスコンパイルを実現。

MINIX 3.3はBSDライセンスで公開されており、誰でも無償でダウンロードし、利用可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : オープンソース



≫次の記事
Rackspace、身売り交渉を打ち切り、単独でクラウド市場を戦うと表明
≪前の記事
リアクティブプログラミングの「Meteor 0.9.2」登場、iOS/AndroidアプリもPhoneGapで可能に。ブラウザから簡単にコードを試せる「MeteorPad」も公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus