マイクロソフト、Linux版の.NETをDocker上でデモ。Visual Studioからリモートデバッグ可能

2014年11月17日

マイクロソフトは先週開催した同社のイベントConnect();で、.NETコアランタイムと.NET server frameworkのオープンソース化、およびLinux版とMacOS X版オフィシャルディストリビューションのリリースを発表しました。

これにあわせて同社は、Linux上のDockerコンテナの上でC#で記述されたASP.NETのアプリケーションを実行し、Visual Studioからリモートデバッグを行う様子をデモで公開しています

いままでC#やASP.NETといった.NET環境に依存したアプリケーションはWindows Serverでしか実行できませんでした。しかし今後マイクロソフトがオフィシャルな.NET環境をLinuxとMacOS Xで提供することで、.NETアプリケーションはこれらのプラットフォームでも実行可能になります。

Azure→Linux→Docker→.NETランタイム→ASP.NET→Visual Studio

今回のデモは、Microsoft Azureのクラウド上でLinuxを起動、そのDockerエンジンにLinux版の.NETコアランタイム上でASP.NETで開発したアプリケーションを含むDockerイメージをデプロイし、実行するというものです。

デモを行ったのは、マイクロソフトのJay Schmelzer氏。

fig

Microsoft AzureにはDocker Hubが統合され、Dockerイメージがデプロイ可能になります。

fig

WindowsネイティブなDockerクライアントもリリース予定。WindowsクライアントからDockerコマンドでDockerイメージを展開、実行します。

fig

このDockerイメージにはLinux版.NETコアランタイム上のASP.NETアプリケーションが含まれており、アクセスするとWebページが表示されます。

これでMicrosoft Azure上のLinux上のDockerコンテナの上でASP.NETが走っていることになります。

fig

Webページを見ただけでは本当にLinux上で走っているかどうかは分からないので、このASP.NETに対してVisual Studioでアクセスし、リモートサーバ上のコードにブレークポイントを設定します。

fig

Webサイトを操作してからVisual Studioを見ると、ちょうどブレークポイントで実行が止まっています。この状態でOS環境をチェックすると、UNIX上で走っていることが分かります(画面の赤枠は新野による)。

fig

サティア・ナデラ氏の「デベロッパー!デベロッパー!デベロッパー!」

マイクロソフトはこの1カ月、サーバサイドにおける大きな発表を相次いで行いました。

これにより今後は主要なサーバOS全てで、.NETアプリケーションが開発、実行できるようになりますし、.NET環境込みでDockerイメージとしてパッケージすれば、簡単に.NETアプリケーションをLinuxやMacOS Xに(そしてDockerに対応したWindowsにも)デプロイできるようになるわけです。

これはデベロッパーに対して.NET環境の魅力を高めると同時に、.NETの開発環境として最高のソフトウェアであるVisual Studioの魅力を高めることになります。さらにMicrosoft Azureも、どんなOSにも対応し、Dockerにも対応し、Visual Studioと緊密に連携できるクラウドとしての魅力をデベロッパーにアピールすることになるでしょう。

マイクロソフトにとって、もっとも大事なビジネス上の資産はWindowsでもVisual Studioでもなく、マイクロソフトテクノロジーのエコシステムを形成するデベロッパーたちです。前CEOのスティーブ・バルマー氏がつねに「デベロッパー!デベロッパー!デベロッパー!」と叫び続けたのは、それが同社にとって本当に重要だからなのです。

そして現CEOのサティア・ナデラ氏も、TechCrunchの記事「MicrosoftのCEO、サティア・ナデラ、Apple、Googleと比較して自社の本質を的確に指摘」の中で、次のように述べたとされています。

私の考えでは、デベロッパーがアプリケーションを開発できるようにするプラットフォームを提供し、また誰であれコンピューティングに関連する人々が所望の成果物を作れるようにする数々のツールを提供するところでこそ、Microsoftが真価を発揮し、本当の差別化を行えるのだと私は考えている。

この1カ月で発表されたさまざまな施策はすべて、いかにマイクロソフトテクノロジーをデベロッパーに対して魅力的に見せるか、という視点で貫かれています。それこそが同社の生命線だとナデラ氏は考えているからです。

ナデラ氏はバルマー氏のように人前で「デベロッパー!デベロッパー!デベロッパー!」と叫ぶことはありません。しかしその代わりに矢継ぎ早に打ち出されたここまでの施策は間違いなく、バルマー氏よりも大声で「デベロッパー!デベロッパー!デベロッパー!」と叫ぶナデラ氏の声が込められているはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , Linux , Microsoft , Visual Studio



≫次の記事
Red Hat、Docker専用の軽量OS「Red Hat Enterprise Linux 7 Atomic Host」ベータ版をリリース。Kubernetesを統合
≪前の記事
サイボウズとインフォテリアが提携。kintoneをGUI操作で企業内のシステムやクラウドに接続する「ASTERIA WARP kintoneアダプタ」発表

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus