Java SE 8の日本語版ドキュメント、日本オラクルが公開

2014年5月22日

日本オラクルはJava SEの最新版「Java SE 8」のドキュメントの日本語版を公開しました。本日、都内で開催中のイベント「Java Day Tokyo 2014」の基調講演で発表されました。

ドキュメントは主に「Java SE 8ドキュメント」と「Java SE 8 API仕様」の2つから構成されています。

「Java SE 8 ドキュメント」はJava SE 8の構成要素をまとめた資料で、Java SE Development Kit(JDK)、Java SE Runtime Environment(JRE)、およびJava SEのAPIそれぞれが提供する機能を参照でき、「Java SE 8 API 仕様」は、Java SEが提供するクラスやインターフェースなどの一覧を示しています。

下記は「Java SE 8ドキュメント」のWebページです。「Java SE 8 API仕様」は、このWebページの右にある「Java SE API」のリンクから飛べるようになっています。

fig

ドキュメントは上図のように全体の概念図から参照できるようになっており、各文字列に張ってあるリンクから説明に飛ぶことができます。

本記事執筆時点で参照したところ、「Java SE 8ドキュメント」の概念図および「Java SE 8 API仕様」の概要は日本語化されていますが、パッケージやクラスなどの詳細については英語のドキュメントにリンクされているようです。

追記:最終的にはすべて日本語化されるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Java , Oracle



≫次の記事
vSphere 5.5、インメモリデータベースSAP HANAの正式動作環境に、vMotionなどにも対応。SAPとVMwareが発表
≪前の記事
今後3年先まで国内のIT投資は毎年1%前後の微増、注目はBI分野。ガートナー

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus