企業向けのモバイルアプリは、2016年までに過半数がHTML5を用いたハイブリッドアプリになる。ガートナー

2013年2月7日

多様なデバイスをサポートする必要に迫られる企業向けのモバイルアプリケーションは、2016年までに過半数がHTML5の移植の容易なフレームワークで作られたハイブリッドアプリケーションになるだろう。米調査会社のガートナーは、2月4日に発表した「Gartner Says by 2016, More Than 50 Percent of Mobile Apps Deployed Will be Hybrid」でこのような予測をしています。

Gartner Says by 2016, More Than 50 Percent of Mobile Apps Deployed Will be Hybrid

ハイブリッドアプリケーションは、HTML5やJavaScriptなどのWeb技術で構築されたモバイルアプリながら、ネイティブコンテナで稼働し、位置情報などデバイスのネイティブな機能が呼び出せます。

To address the need for mobile applications, enterprises are looking to leverage applications across multiple platforms. The advantages of the hybrid architecture, which combines the portability of HTML5 Web apps with a native container that facilitates access to native device features, will appeal to many enterprises.

モバイルアプリケーションのニーズに対応するため、企業ではマルチプラットフォーム対応へのてこ入れをすることになる。HTML5アプリケーションをネイティブコンテナに載せたハイブリッドアーキテクチャでは、デバイスのネイティブな機能にもアクセスできる利点があり、多くの企業はこれに魅力を感じるだろう。

マルチプラットフォーム展開がしやすいハイブリッドアプリケーションは、こうした利点によって受け入れられていくだろうというのがガートナーの予想。

Publickeyでは以前から、モバイル向け業務アプリケーションの開発はHTML5とjQuery Mobileのようなフレームワークが中心になると予想し、動向を追ってきました。2016年の時点でハイブリッドが過半数というのは控えめな予想で、もっと多くなるのではないかと思っています。

今年中に50ドルのスマートフォンが登場する

ガートナーはこれに加えて2つの予想を明らかにしています。1つは2014年までに、いまのマイクロソフトのように企業のモバイルにおいてアップルが受け入れられるだろう、ということ。

Gartner believes that enterprises should plan for continued consumerization and for the fact that Apple will continue to be a significant beneficiary.

ガートナーは企業がコンシューマライゼーションが続くことを考慮しつつ、アップルがこの分野での重要性を維持し続けると確信している。

もう1つは、50ドルの低価格スマートフォンが今年にも登場するだろう、という予想です。

The combination of competitive pricing pressure, open-channel market growth and feature elimination/integration will very soon result in the $50 smartphone.

価格低下のプレッシャーとオープンな調達チャネル市場の成長、そして機能の統廃合によって、まもなく50ドルのスマートフォンが登場するだろう。

スマートフォンが50ドルになれば、先進国の市民はもちろん、発展途上国でもスマートフォンが急速に普及する価格水準になるでしょう。そうなればグローバルなスマートフォン市場のシェアやその様相は一変するかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

タグ : HTML5 , モバイル , 調査会社

≫次の記事
モバイル向けBaaS「Kiiクラウド」正式版の提供開始。ユーザー認証、オブジェクトストレージなど。ストレージ1GB、100万コールまで無料
≪前の記事
IBM、「x86サーバに匹敵する価格競争力がある」POWER7+サーバを発表。多数のx86サーバをPowerサーバで集約

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


新サイト「Publickey Topics」始めました!


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed





アクセスランキング - 過去7日間

  1. [速報]IBMとマイクロソフトがクラウドで協業を発表。WebSphereやDB2がAzureで、.NETランタイムがBluemixで利用可能に。協業の意味を分析する
  2. Amazonクラウド、ディレクトリサービス「AWS Direcrory Service」開始。Smabaベース、Active Directory対応
  3. Docker 1.3リリース、電子署名付きDockerイメージ、コンテナのプロビジョニング、Mac OSとのディレクトリ共有などの新機能
  4. IBM、半導体事業の売却後もPOWER Systemsなどサーバビジネスは変わらず継続。サーバの設計、研究開発や半導体の基礎研究なども進めると
  5. 「Windows ServerがDockerを採用する」とはどういうことなのか
  6. マイクロソフト、オンプレミス用Azureとなる垂直統合システム「Cloud Platform System」発表。デルのサーバで11月発売
  7. マイクロソフトの最新データセンター事情。リージョンあたり16棟のデータセンターと60万台のサーバ
  8. Amazonクラウド、ディレクトリサービス「AWS Direcrory Service」開始。Sambaベース、Active Directory対応
  9. IBMがSoftLayerを買収して約1年。あれからSoftLayerは変わったのか? CTOに聞く
  10. VMware/Cisco/EMCが合弁で設立したVCE、EMCの傘下に
  11. Google、モバイルBaaSのFirebaseを買収、クラウドに統合へ。モバイルアプリのオフライン対応、リアクティブプログラミングなどを実現
  12. 「パブリッククラウドで最大の仮想マシン」、Azureが最大32物理コア、450GBメモリ、6.5TB SSDの仮想マシン「Gファミリー」と、IOPSが5万以上/レイテンシ1ミリ秒以下の「プレミアムストレージ」を発表
  13. 「ビジネスプロセス上の労働者が半分になる」「アルゴリズムによって考案された破壊的ビジネスの登場」、2020年までにITが引き起こすビジネスの変化トップ10をガートナーが発表
  14. 「クラウドでオラクルは勝ち残っていきますよ」、エリソン氏直属のチーフコーポレートアーキテクトに、OpenStack採用とクラウド戦略を聞く
  15. Microsoft AzureでDocker専用LinuxのCoreOSサポートを発表、マイクロソフト

Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus