VMware CEO ポール・マリッツ氏が退任との報道

2012年7月17日

VMwareのCEO ポール・マリッツ氏が退任するとの報道が米国で相次いでいます。発端となったのは、CRNの記事「VMware Blockbuster: Maritz Out As CEO After Four-Year Tenure」のようです。冒頭を引用します。

Paul Maritz is out as VMware CEO, and he is being replaced by Pat Gelsinger, president and COO of EMC (NYSE:EMC)'s Information Infrastructure Products division, CRN has learned.

CRNがつかんだ情報によると、ポール・マリッツ氏はVMware CEOを退任する。後任はEMCのCOOで、情報インフラ製品部門担当のパット・ゲルシンガー氏だ。

(追記 7/18 14時:正式発表されました「正式発表:VMwareのCEO ポール・マリッツ氏退任、EMCのパット・ゲルシンガー氏が後任」)

この報道を追いかける形で複数のメディアが記事を出しています。以下はその一部です。

退任は業績不振や不祥事などのネガティブな要因ではなく、VMwareの親会社であるEMCを中心にした事業再編に伴うものではないかと推測されています。

VMware's CEO switch may be part of a larger corporate restructuring.

Cloud FoundryがVMwareからスピンオフか

この報道と前後して、VMwareがPaaS基盤ソフトウェアのCloud Foundryを別会社として独立させようとしていると、GigaOmが記事「VMware plans cloud spin out to keep up with Microsoft, Amazon and Google — Cloud Computing News」(VMwareがクラウドのスピンアウトを計画。マイクロソフト、Amazon、グーグルを追跡)で報じています。一部を引用します。

GigaOM has learned that VMware hopes to spin out some of its cloud assets, including its Cloud Foundry platform-as-a-service division and parent company EMC’s Greenplum assets into a separate company, according to sources close to the deal.

GigaOmはVMwareが、PaaS部門のCloud Foundryなどを含む同社の一部、親会社であるEMCのGreenplumなどをスピンアウトし、別会社にしようとしていることをつかんだ。

報道の多くでは、マリッツ氏のVMware退任が、この新会社の社長に就任するためではないかと予想されています。

ポール・マリッツ氏は2008年、VMwareの親会社であったEMCから移籍してCEOに就任しました。EMC以前のマリッツ氏はマイクロソフトでWindows部門などを率いていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Cloud Foundry , EMC , VMware



≫次の記事
jQuery Mobile 1.1.1リリース、jQuery 1.8β2も公開
≪前の記事
JavaScript MVC座談会。遅くならない? それぞれの特徴は? サーバとの通信は?(後編)

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig