VMware、仮想化ハイパーバイザのソースコードが盗まれたことを認める

2012年4月26日

米VMwareは24日、同社の仮想化ハイパーバイザVMware ESXのソースコードが盗まれ、ネット上にその一部が公開されたことを「VMware Security Note」としてブログで公表しました。

VMware: VMware Security & Compliance: VMware Security Note

Yesterday, April 23, 2012, our security team became aware of the public posting of a single file from the VMware ESX source code and the possibility that more files may be posted in the future.

昨日2012年4月23日、私たちのセキュリティチームはVMware ESXのソースコードの1つが公開されたことを認めた。将来さらに多くのファイルが公開される可能性がある。

セキュリティリスクの増加には結びつかない

VMwareはこのブログで、セキュリティリスクの増加には結びつかないと説明しています。

The fact that the source code may have been publicly shared does not necessarily mean that there is any increased risk to VMware customers.

この事実、ソースコードが公開されたことがVMwareのお客様にとって何らかのセキュリティリスクの増加を意味するものではありません。

VMwareは何か新しい動きがあれば引き続き情報を提供する予定としています。

We will continue to provide updates to the VMware community if and when additional information is available.

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  VMware , セキュリティ


次の記事
Cassandra 1.1が登場。問い合わせ言語CQL、Hadoop統合、スケーラビリティなど改善

前の記事
HadoopのClouderaが日本法人を設立。国内ビッグデータ市場拡大に向け、新日鉄ソリューションズと提携


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig