jQuery Mobile 1.1、正式版が早くも登場!

2012年4月16日

昨年11月にjQuery Mobile 1.0として最初の正式版が登場してからわずか5カ月。最初の大きなバージョンアップとなるjQuery Mobile 1.1.0がリリースされました

Announcing jQuery Mobile 1.1.0 | jQuery Mobile

jQuery Mobileは、HTML5のタグを書くだけでプログラミングをせずにモバイルアプリケーションが作れるJavaScriptのフレームワーク。開発されたアプリケーションは、iOS、Android、WebOS、Windows Moblie、Symbianなどさまざまなモバイルプラットフォームで動作します。

jQuery Mobile 1.1では、画面上部もしくは下部につねに表示されるFixed Toolar(固定ツールバー)のちらつきがなくなった点、画面遷移がよりスムーズになった点などの改善が行われています。

固定ツールバーがCSSベースに

モバイルデバイスのユーザーインターフェイスとして、画面上部につねに固定されたツールバーを表示することはよくある実装です。しかしjQuery Mobile 1.0をリリースした時点では、この固定ツールバーをCSSで実装するための「Fixed Position」プロパティは、主要なモバイルデバイスのブラウザすべてで利用できるとは限りませんでした。

そのためjQuery Mobileの固定ツールバーはJavaScriptなどで実装されており、画面上でちらついたり、全体の動作速度を落とすといった問題につながっていました。

fig

その後、主要なモバイルブラウザでCSSのPosition Fixedの実装が進んだおかげで、jQuery Mobile 1.1ではCSSベースの実装へと変更され、確実かつ安定した固定ツールバーが実現したとのことです。

新しい固定ツールバーに対応するのは、iOS5、Android 2.2/2.3/Android 3.x tablets (Honeycomb)/Android 4.x (ICS)/Chrome for Android (beta)など。

画面遷移の改善、jQuery 1.7.1への対応など

jQuery Mobileでは、画面が遷移するときなどにスライドしたりポップアップするなどのアニメーション効果が利用できます。jQuery Mobile 1.1では、この動作が以前より高速かつスムーズになるよう改善されています。

また、これまで8種類だった画面遷移のアニメーション効果に、新たに「Turn」と「Flow」が追加されます。TurnはWindows PhoneのMetro Styleの画面遷移に、FlowはiOSのiPadでの画面遷移に似ているとのことです。

そのほかjQuery 1.7.1への対応、小さなフォーム要素「Mini form elements」の追加、Asynchronous Module Definition(AMD、非同期モジュール定義)サポートによりjQuery Mobileの内部構造を一新して実行時ダウンロードなどに対応。

現在、jQuery Mobileの必要な機能だけを選択してダウンロード可能にする「Custom Download Builder」の開発も進んでいるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , jQuery Mobile , モバイル



≫次の記事
独SAPがモバイルアプリ開発でAdobe、Appcelerator、Senchaと提携。エンタープライズモバイルアプリの時代、本格化へ
≪前の記事
PR:企業向けモバイルアプリ市場への参入で成功するには? アイキューブドシステムズのケース

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus