マイクロソフト、IE10にFlash Playerを統合。MetroスタイルでもFlashコンテンツが利用可能に。Silverlightは含まず

2012年6月4日

6月2日付けのマイクロソフトのBuilding Windows 8で、配布が始まったWindows 8 Release Previewに含まれているInternet Explorer 10に、Flash Playerを統合したと説明されています

Web browsing in Windows 8 Release Preview with IE10 - Building Windows 8 - Site Home - MSDN Blogs

The Windows 8 Release Preview includes a new power-optimized, touch-friendly Adobe Flash Player for IE10 that is updated through Windows Update. Adobe Flash content on compatible websites will now play in the new Metro style web browser.

Windows 8 Release Previewには、新しく消費電力を最適化し、タッチフレンドリーなAdobe Flash Player for IE10が含まれている。これはWindows Update経由でアップデートされる。

これでFlashコンテンツはMetoスタイルのWebブラウザでも表示されるようになる。

6月1日付けのマイクロソフトのIEブログでも同様の説明が行われています

Release Previewは製品候補版に位置づけられるものであり、製品版でもこのままInternet Explorer 10とFlash Playerが統合されることはほぼ確実です(ただし追記したように、MetroスタイルのFlash Playerで見られるのはマイクロソフトのリストに掲載されているWebサイトのみです)。

Flash PlayerはグーグルがChromeブラウザに統合し、アップデートもChromeによって行われていますが、同じことがInternet Explorer 10で行われることになります。

なぜFlash Playerを統合したのか?

マイクロソフトはこれまで、Metroスタイル版のInternet Explorer 10について「現在のプラグインが提供する体験は、MetroスタイルのブラウジングやモダンなHTML5のWebに適さないものになっている」として、プラグインで提供されるFlashやSilverlightなどには対応しないことを示してきました

また、「MetroスタイルのIEをプラグインフリーにすることで、バッテリー寿命が向上するだけでなく、セキュリティ、信頼性、プライバシなども改善される」とも説明してきました。

こうした説明を覆し、なおかつFlash Playerを電力消費やタッチ対応に最適化させてまで、MetroスタイルのInternet Explorer 10に対応させたいという強い理由がFlash Playerの開発元であるアドビシステムズにあるとは思えません。すでにアドビはFlash Playerでモバイル対応を推進する方針はとっていません

ということは、Flash PlayerをInternet Explorer 10に統合したのはアドビの要請ではなく、マイクロソフトがそれを望んだからだと推測できます。

おそらくマイクロソフトは、まだFlash Playerが広く使われている既存のWebとの互換性を重視したこと、Windows 7をベースにした既存のWindows Slateとの互換性、そして競合と考えているアップルのiPadに対する優位性の1つとして、Flash PlayerをMetroスタイルに対応させたのではないでしょうか。

実際に試したところ、説明とやや異なる動作が

PublickeyではWindows 8 Release Preview 32ビット版をMacOS上のVirtual Boxにインストールして試しました。デスクトップ版ではたしかにインストール直後からFlash Playerに対応した動画がそのまま表示されることを確認しました(画面左)。しかし、同じWebページをMetroスタイル版のInternet Explorer 10で確認したところ、Flash Playerのインストールを促すアイコンが表示され(画面右)、マイクロソフトの説明とはやや異なる動作を示しました。

fig

また、初期設定のママSilverlightを用いて動画を表示するWebページを見ても、動画を表示させることはできませんでした。

fig

このことから、Metroスタイルで作動しない点は不明ながら、少なくともマイクロソフトの説明通りInternet Explorer 10にFlash Playerは統合されていることが分かります。また、SilverlightはInternet Explorer 10には統合されていないと推察されます。

(以下、追記 2012/6/4 0:53)

Twitterでご指摘いただき、前述の「Windows Release Preview: The Sixth IE10 Platform Preview」に以下の記述があるのを見落としていました。

While any site can play Flash content in IE10 on the Windows desktop, only sites that are on the Compatibility View (CV) list can play Flash content within Metro style IE.

デスクトップ版のIE10では、どのサイトのFlashコンテンツも見れるが、MetroスタイルのIEではCompatibility Viewリストに掲載されているサイトのFlashコンテンツのみ見ることができる。

ということで、MetroスタイルのIE10では、特定のサイトのFlashコンテンツだけに対応していることになるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Adobe , Flash , Intenet Explorer , Microsoft , Silverlight



≫次の記事
Software-Defined Networkを基盤にクラウドOSの開発を目指すストラトスフィア
≪前の記事
テスト自動化ツールを導入済みは8.5%、85%以上が検討していないか必要を感じないと。キ-マンズネット調べ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus