WebSocketがセキュリティ問題を解決して再び実装へ

2011年7月19日

Webブラウザとサーバのあいだで専用のプロトコルを用いて通信を行うことで、サーバからのプッシュなど、より柔軟なデータのやりとりをWebブラウザとサーバ間で可能にするWebSocket。当初はHTML5仕様の一部として検討され、その後独立した仕様となりましたが、昨年12月にセキュリティ上の問題が発覚。見直しが行われていました。

WebSocketはプロトコルをIETFが、APIをW3Cが策定中ですが、IETFがセキュリティ問題を解決したプロトコル仕様のラストコールを発表しています。いつもWeb標準の動向を伝えてくれる「Web標準Blog」の記事「WebSocketプロトコルがLast Callに」が伝えています。

過去のバージョンとの互換性はなし

WebSocketは、昨年にFirefox 4やOperaに実装されましたが、プロトコルにセキュリティの問題が発覚。いったん機能が無効になりました。

セキュリティの問題とはどのようなものだったのか、上記の記事から引用します。

一部のネットワーク環境下において、Firewall背後のサーバにブラウザを介して不正アクセスされてしまうことと、任意ドメインのファイルがキャッシュ汚染されてしまうことの2種類の攻撃が可能である事が指摘されています。

今回のWebSocket仕様のアップデートを受けて、モジラでは来月登場予定のFirefox 6で新しいバージョンのWebSocketを実装する予定のようです

またモジラによると新しいバージョンのWebSocketは以前のWebSocketとは互換性がないため、以前のバージョンのWebSocketを実装したサーバでは、新しいバージョンのWebScoketを実装したFirefoxとは通信できないとのこと。サーバ側にも新バージョンのWebSocketに対応した実装が必要となるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , Web標準



≫次の記事
シトリックス買収後のCloudStackはどうなるのか? 買収されたCloud.comのKim氏に聞いた
≪前の記事
マイクロソフト、次期SQL Serverのテクノロジープレビュー第3版を公開、日本語版も登場

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus