Node.js専用PaaS「Node Ninja」と「Z Cloud」をファーストサーバが発表。開発元のJoyentと提携

2011年10月25日

Yahoo! Japanの子会社でレンタルサーバ事業社のファーストサーバは、米Joyentとの提携により、IaaS型のクラウドサービス「Z Cloud」(ゼットクラウド)と、Node.js専用のPaaS型クラウド「Node Ninja」(ノードニンジャ)の提供を発表しました。

fig Joyent, Inc. 創業者兼CTO Jason Hoffman 氏とファーストサーバ代表取締役社長 磯部眞人氏

JoyentはNode.jsの開発者であるRyan Dahl氏が所属する会社で、2004年に設立されたクラウド提供企業。

「Z Cloud」は、OpenSolarisをベースにJoyentが開発した「Smart OS」を基盤に用いることでメモリの利用を効率化し、ZFSファイルシステムでディスクI/O性能を高め、DTraceによるパフォーマンスのリアルタイム分析などを可能にしたIaaS。

CPUバースト機能で、瞬間的なアクセス集中時には追加料金なしで数倍のCPUリソースを自動的に割り当てるなど、高性能を強調しています。SmartOSをそのまま利用することも、SmartOSの仮想化機能の上にCentOSなどをインストールして利用することも可能です。

「Node Ninja」は、NoSQLを核としてNoSQLデータベースなどを提供する予定のPaaS。Node.jsのノンブロッキング性を生かし、リアルタイム性能にすぐれたアプリケーションプラットフォームを指向しています。

fig

ファーストサーバ代表取締役社長 磯部眞人氏は「Joyentのいいところは割り切り。レガシーの情報システムを載せようとしてもできない。その代わり、きたるべき大スマートフォン時代のクラウドとしてJoyentとやろうとしている」と、Z CloudやNode Ninjaが新しいクラウドアプリケーションにフォーカスしていることを強調しました。

Z Cloudは本日10月25日からサービスを開始。Node Ninjaはβサービスとなり、10月29日のNodeコミュニティによるイベント「東京Node学園祭(Node Fest)」のイベント参加者にアカウントが配布される予定です(同イベントのチケットはすでに売り切れています)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

タグ : IaaS , Node.js , PaaS , クラウド

≫次の記事
オラクルがNoSQLに本気。エンタープライズ向け「Oracle NoSQL Database 11g」公開。オープンソース版も登場
≪前の記事
クラウドでのJavaの存在感は高まるか?

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


新サイト「Publickey Topics」始めました!


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed





アクセスランキング - 過去7日間

  1. リアクティブプログラミングの「Meteor 0.9.2」登場、iOS/AndroidアプリもPhoneGapで可能に。ブラウザから簡単にコードを試せる「MeteorPad」も公開
  2. ビジネスが変わればソフトウェアの品質も変わる。ソフトウェアがビジネスの鍵を握る時代の新しい品質とは。ソフトウェア品質シンポジウム 2014
  3. MINIX 3.3がリリース。1万2700行ほどのマイクロカーネル、ARMサポートとクロスコンパイラなど対応
  4. ヒューレット・パッカード、AWS互換のクラウド基盤ソフトEucalyptusを買収。同社のOpenStack路線をAWS互換で強化か
  5. Google Cloud SQLがリードレプリカに対応、プレビュー公開
  6. Rackspace、身売り交渉を打ち切り、単独でクラウド市場を戦うと表明
  7. アップルの新言語「Swift」がバージョン1.0到達。Swift製アプリがApp Storeへ提出可能に
  8. IT系企業の平均給与を業種別にみてみた 2014年版 ~ ネットベンチャー、ソーシャル、ゲーム編
  9. 2014年8月の人気記事「ITまんが 2014年版」「ソニー銀行は金融機関としてAmazonクラウドをどう評価したのか?」「VMware、Dockerのような独自の新技術発表」ほか
  10. タネンバウム教授、MINIXの失敗とLinux普及の理由を語る
  11. ITまんが 2014年版 ~ ITが楽しく分かるマンガを集めてみました
  12. Chef 12がリリース。商用版とオープンソース版の一本化で25ノードまで無償に。Docker対応、VMware vSphere、Microsoft Azureにも対応
  13. Publickey Smar
  14. ソニー銀行は金融機関としてAmazonクラウドをどう評価し導入したのか? AWS Summit Tokyo 2014
  15. パネルディスカッションを成功させるためにモデレータがしなければならないこと(準備編)

Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus