「Google Appsに計画停止はない」 グーグル、SLAから計画停止を削除

2011年1月20日

「他社と違い、私たちはアップグレードやメンテナンスのためであっても計画停止はしません。そのため、SLA(サービスレベル契約書)から計画停止を削除しました」。グーグルは1月14日に公開したブログのエントリ「Destination: Dial Tone -- Getting Google Apps to 99.99%」で、このように書き、SLAの改善を行ったことを明らかにしました。

Unlike most providers, we don't plan for our users to be down, even when we're upgrading our services or maintaining our systems. For that reason, we're removing the SLA clause that allows for scheduled downtime.

Official Google Enterprise Blog: Destination: Dial Tone -- Getting Google Apps to 99.99%

これまでのSLAでは、あらかじめ予定されていた計画停止はダウンタイムとしてカウントしないとされていましたが、今後はすべてのダウンタイムがカウントされることになります。

We are the first major cloud provider to eliminate maintenance windows from their service level agreement.

私たちはメンテナンス時間をSLAから取り除いた最初のメジャーなクラウドプロバイダになりました。

グーグルによると、2010年のGmailの可用性は99.984%で、これは1カ月あたり7分間のダウンタイム。このダウンタイムには数秒のディレイなどもすべて含んだ計算とのこと。

データセンターの障害にも耐える

一般的にサーバの運用では、バックアップやOSへのセキュリティパッチの適用、アプリケーションのバージョンアップなどの場面で、サーバを停止して行う作業が必ず発生します。そのためにサーバを停止することを「計画停止」と呼び、突発的なトラブルによる停止と分けて考えます。

ところがグーグルは今後のGoogle Appsについて、計画停止はない、もしくは利用者に影響しないように行うことを今回表明し、他社との差別化としたのです。

グーグルは昨年の前半にGoogle App Engineの利用拡大に追いつけていないと告白し、データセンターのトラブルにも何度か見舞われていました。

しかし今年に入り、Google App Engineにおいてたとえデータセンターに障害が発生しても、ほとんどの場合問題なく処理を続けられる新データストア「High Replication Datastore」を発表、そして今回のGoogle Appsの計画停止をSLAから削除するなど、可用性について大きな自信を見せています。

Google App Engineの「High Replication Datastore」は、複数のデータセンター間でPaxosによる同期をとってデータをレプリケーションし、障害時にはデータセンターごと切り替える技術とされています。こうした可用性を支える新たな技術が、グーグル内部で確立したことがその背景にあるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google App Engine , SaaS , クラウド



≫次の記事
MySQL互換クラウドRDBサービス「Xeround」が公開ベータへ
≪前の記事
Webブラウザでの日本語縦書き表示、順調に進行中。年内には実装の見通し

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus